Withで出会った東京の脚フェチ韓国人男子との体験談

With体験談

当時私は22歳の新卒社会人でした。大学生の頃から、入社した会社で優秀な同期か先輩と付き合ってサクッと結婚しようと目論んでいたのですが、そんな自然な出会いではなかなかいい人が見つかりませんでした。そんな訳で友達に進められるままにマッチングアプリをダウンロードして、理想の男性と出会うべく張り切って自分のプロフィールを作り込みました。

Withでお相手探し

Withというマッチングアプリを使いましたが、本当に色々なタイプの男性がいました。この中から一人に絞るのはかなりハードルが高いと思ったので、ある程度理想の条件を絞って検索したら、出てきた一覧からパッと見の印象が良い人に対して片っ端からいいね!のボタンを押してゆきました。ここでは直感を大事にしようと思ったので余り悩まずに、「どうせいいねを返してくれないかも知れないし!」という軽い気持ちでどんどん進めました。
その中で何人かが、いいねを返してくれて、メッセージのやりとりが始まりましたが、中でも韓国人と名乗る若干チャラそうな男性とのメッセージが盛り上がりました。何というか、メッセージのテンポや、所々紳士的な言葉遣いが好印象で、私もノリノリで2~3日メッセージのやりとりを楽しんでいました。そうこうしているうちに相手の方から食事に誘ってくれたので、平日の仕事終わりに会うことになりました。彼の仕事が終わる時間に合わせて20時ぐらいにややマイナーな駅で待ち合わせをしました。

韓国人男子と初デート

 今思うともう少し有名というか無難な駅で待ち合わせにして欲しかったですが、とりあえずその日は楽しみにしていたので向かいました。20時を少し過ぎて現れた彼はいかにも仕事もプライベートもバリバリ!という感じの出で立ちで、鍛えられた長身に青のスーツが似合っていてパッと見はすごくカッコよかったです。
そして行きつけという個室の韓国料理屋に案内してくれて、席に着きました。
彼が韓国出身ということで、私がせっかくだから韓国料理を語って欲しいな~とリクエストしたら連れてきてくれたお店です。彼のホームですから、これが美味しいよ、とか、これは結構辛いけど大丈夫かな?などとスマートに色々と注文を済ませてくれて心強かったです。
食事中はマッコリを飲みながら現在の仕事のことや、私が韓国旅行に行った時の話などをして楽しく過ごしました。彼がちょくちょく住んでいるマンションの広さや、仕事の激務さを自慢してきたので、内心笑ってしまいながらも、私は結婚相手を探していたので「まあ、そのぐらい稼いできてくれて、あまり家にいない方がいいかもしれないな!」と考えていました。
そしてその日は夜遅くなってしまい、私は次の日も仕事があったのでホテルや彼の家には寄らずに解散となりました。
性癖が合わないとただのキモイ人にしか見えない!
解散した5分後ぐらいに「今日はありがとうね^^またすぐに会いたいから、また連絡してね!」と連絡をくれて、こちらもいい気分だったので、2回目のデートに対してはかなり前向きでした。しかし何回かやりとりをしている時に彼がちょくちょく「脚が綺麗だったから脚の写真送って^^」などとメッセージを送ってくるようになり、私はその度に適当にかわしていたのですが、いざ2回目に同じようにな個室居酒屋で会うと、いきなり隣に座ってきて「本当にこの脚に会いたかった」と言って太ももを触ってきたのです。その瞬間背筋が凍り、好印象だった彼の見た目も急に気持ち悪く感じてしまい、その場は適当に「やめて~」などと言ってはぐらかしていましたが、生理で眠いから早めに帰ると言って、帰り道で連絡も削除してしまいました。

出会い系体験談 まとめ

結局その彼は多分脚フェチだったのですが、それを表現してくる速さに私が完全に引いてしまいました。皆様自分の癖をオープンにするタイミングや場所には十分気を付けてくださいね。

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)