出会い系アプリ【スマとも】を使って 25歳シンママとの体験談

スマとも 体験談

『真面目に出会いを求めたい!』
『女の子と楽しく会話したい!』
『今すぐヤれる女いないかな?』

出会い系を使う人によって用途は様々ありますよね。
私もその時々によって出会う心構えはコロコロ変わります。
女っていいですよね、声とか仕草とか、香りとか柔らかさとか。
いろんな女性と知り合いたい出会いたい。
そうそう、そんな出会いたい系の私のスペックを先に話をしておきますね。

・「芸人の有◯哲平に似てるよね」と言われる。
・身長は168cm、体格は中肉中背。
・平凡的な収入。

モテ要素なんてほとんどない私にだって人並みの性欲はあるんですよ。
たまに、ものすごくムラムラする時だって当然あります。
そんな時は決まって私は【スマとも】を使います。この記事を書いている今日も起動しました(笑)
今日はそんな私が【スマとも】で出会った地元で働くシンママ25歳との出会った話をします。

出会い系アプリ【スマとも】を使って 25歳シンママとの体験談

とにかく女なら送っちゃえ!

【スマとも】を起動するときは大抵ムラムラしてます。
そのムラムラを解消したくて手当たり次第メッセージを乱射します。
『こんにちは◯◯さん!よかったら話しましょう!』
とにかく手当たり次第。片っ端。送る相手の名前を間違えないように変えていましたが、ほぼコピペしながらひたすら送ります。しかしこういう場合って決まって返事は全く来ないんですよね。
一人で考えても解決方法が見つからないし、このままでは埒が明かない。
私は一刻も早く女と出会いたいんだ!
なので【スマとも】を使って出会っている友人にアドバイスをもらいました。

・プロフィールの空欄は可能な限り埋める
・好きなもの(食べ物や趣味など)は載せておく
・プロフ画面は自分の売り込みと思え!

さっそくプロフ画面の改善作業をはじめました。今ハマっているマンガ、好きなアニメ、お気に入りのテレビなどを書いたり、書ききれないものは画像で載せたりと、自分のプロフページを読んだだけで好きなものや興味あることがわかってもらえるように、何度も見返して直しては保存、確認を繰り返し、修正していきました。しかし一番困難だったのが自撮り。これがまた難しい。自撮りの方法は検索すればいくらでも出てきますが、何度やってみても、どうしても納得できなくて困りました。
なので、また友人に相談。またしてもアドバイスをくれました。

1.髪を切りに行き、切り終わったら髪をセットしてもらう
2.髪セット後、鏡越しに写真を数枚撮ってもらう
 →後頭部の写真や鏡越しの自分など

このアドバイスには眼から鱗。自分でもめちゃくちゃ納得できたし、友人お前さては相当な場数こなしてるなと内心感じつつ、言われた通りにしてみたらボチボチと返事が来るようになりました。

市内の工場勤務のシンママさん(25)

返事か返ってきて、それから毎日やりとりするようになった人はMさんという女性でした。
年齢は25歳。若い女性にしては珍しく工場に勤務している方でした。
私の住んでいる住所から15分ほどで行けるくらいわりと近所に住んでるらしく、朝の出勤時に私がいる住所付近を通過しているとのこと。
2歳になった娘を女手一つで育てている立派な女性です。
小さい子がいるので【スマとも】で話す時間もいつも大体21時ごろからでした。娘を寝かせつけてから、出会い系で良い旦那さん候補を探していたみたいです。
毎朝、朝食と娘の昼食のお弁当を作り、娘を保育園まで送り、女性にしてみたらきっと大変であろう工場勤務を終えて、娘を迎えに行き、買い物をして家に帰って家事洗濯。
こうやって書いてるだけでもつくづく感じます、世の中の家事全般をやっている奥様方には頭が上がりません。
いつもメッセージをやりとりしているこの時間だけがMさん唯一の自由時間なので、私はMさんの話し相手程度でも全然構わないかな、
と思ってメッセージをやりとりしていました。
Mさんとは4歳差で、私の方が少し上でした。
会話も最近の流行りとかは全然知らないし、わからないと言っていました。
M『家事と育児と仕事に追われる毎日で、最近は自分のことなんて二の次だよ。』
M『最低限の化粧くらいしか自身にしてないし、だからこんな私と話していても何も面白くないよ?』
話し始めた最初の頃、Mさんは私にそう言っていました。スマホ画面に映るその文字からは、なぜだか少し寂しさと、普段の忙しさの疲れが伝わってきました。
Mさんと会話しはじめて一週間ほど経ったある日、やりとりしてから初めて夕方にMさんからメッセージが来ました。
M『さっき仕事終わってこれから保育園に娘を迎えに行くとこなんだけど、娘乗せてからでもいいなら今日会える?てか家に泊まりに来ない?』
私『え!?待って急に!?』
M『さすがに急すぎて無理だったよね?』
私『泊まるのは無理じゃないよ!ただ俺さっき夕飯食べ終わってもう酒飲んじゃったから運転できないんだよね』
M『じゃあ迎えに行くよ。どこに迎えに行けばいい?』
私『じゃあ元〇〇だったローソンわかる?そこが一番近いコンビニかな』
M『スーパーで買い物してから行くから、だいたい8時近くになると思う。』

電撃お泊まりコース

さすがに私も急展開で驚きました。こんなこともあるんだなと思いつつも、いくらなんでも急に泊まりに誘うなんて何か裏でもあるのかもしれない。疑心暗鬼になりながらも、だいぶ先走って半勃ちする私のムスコ。このムスコは本当に私によく似ているなと呆れつつ、コンビニまで歩いて5分もかからないので時間が近づくまで缶チューハイを飲みつつ自宅待機。2本目の缶チューハイを飲んでいる最中にメッセージが届き、『そろそろ買い物終わるよー』との一言。わたしもそろそろ支度するかと身支度をはじめ、待ち合わせした最寄りのローソンに先に着いてマカやスッポンエキスが配合された滋養ドリンクを景気良く飲み干し、立ち読みしながら待っているとMさんからまたしても一言だけのメッセージが届きました。

M『ローソンついたよ』
私『Mの車なに?』
M『黒のbBだよ』
彼女の車は当時の人気車でもあった角ばったボディタイプの黒のbBでした。お互い「はじめましてー」と挨拶を交わし、
私「乗っていい?」
M「助手席ベビーシートあるから後ろ乗ってー」
私「(運転席側の後部ドアに指を差し)こっちでいい?」
M「うん、コッチ〜」
Mさんの車に乗ると、
M「ゴメンね、後ろだいぶ散らかってるけど」
私「全然気にならないよ!」
私「でもいいの?たった今会った俺が泊まりに行っちゃって?」
M「全然いいよ!じゃあとりあえず家帰るね!」
そう言うとMさんは駐車場から出てMさんの自宅に向かいました。コンビニの明かりで見えたのが、Mさんは薄い灰色の作業着を着ていました。髪は茶色のロングで、身長や体型はまだよくわかりませんでした。
M「あ、家にあるビール何種類かあるけで好きなの飲んでもいいからね?」
私「Mは毎日じゃないけど、たまに家で飲むんだったよね?」
M「その時用に買い置きしてる(笑)でも今日は少し分けてもらおっかな」
そんな話をしながらMさんの自宅アパートに到着し、買い物袋を代わりに持って一緒に家の中へ入りました。外観は築5年以内のようなキレイなアパートで、2LKの間取りも全部屋洋室でした。子供部屋とMさんの部屋も分かれているが、寝る時はMさんの部屋で一緒に寝ているそうです。先に娘と一緒にお風呂に入ってくると言って、楽しそうに二人は脱衣所に向かい、私はキッチンのレンジフードの換気扇を最大にしてタバコ吸ってTVを眺めていました。数十分後に脱衣所のドアの中から音が聞こえ、脱衣所のドアが少し開き、
M「ちょっとゴメン!寝室のクローゼットの中にバスタオルあるんだけど、持ってくるの忘れたからとってちょうだい!」
濡れた髪を片方に垂らしたMさんの顔だけがドアからひょっこり覗いてきます。
私もどこだどこだと探してきて、見つけてきてMにバスタオルを渡しました。スッピンのMさんは「ありがと♡」といってまたドアを閉め、娘と自分の身体を拭き、ドライヤーの音が数分したあと、脱衣所から出てきました。
M「さてと、それじゃあ夜ご飯の支度するね!〇〇も一緒に食べる?」
私「いや俺は結構食べたから食べなくても平気!何か作るの?」
M「そっか!ん、さすがに今からは作らない。昨日作ったカレーまだ残ってるから今日もこれ。あ、そういえば〇〇もシャワー入る?」
私「シャワーも夕飯前に入ったから大丈夫だよ!ありがと!」
私「それより俺のことはいいから早くご飯食べな?お腹減ってるでしょ?」
私「俺、酒飲むとタバコめちゃめちゃ吸っちゃうから換気扇の下から移動できないんだよ(笑)小さい子の近くでは吸いたくないし、だから離れてるTVの方のテーブルで食べてもらった方が俺もありがたい!」
M「うん、じゃあうちの子とTV見ながら食べてるね」
そう言ってTVの方で親子で夜ご飯を食べていました。その風景を見ていて、きっとこんな毎日を過ごしているんだなと感じ、Mさんの一生懸命な健気さ・気持ちの強さ・人を育てる大変さに、尊敬の気持ちも私の中に生まれてきました。

夜ご飯を済ませたあと

Mさんは娘と夜ご飯を食べた後、食べ終わった皿や食器を洗い、そのあと娘を寝かしつけるのに数分寝室へ行き、出てきてドアを閉めて「ようやく寝てくれた」と一言呟いて、私の近くに寄ってきてMさんが普段吸っている自分のタバコに火をつけました。娘が近くにいる時は吸わない、小さい子の近くでは吸わない私と同じでした。
M「あの子私に似て一度寝たら起きないの。だからTVのある方のソファの方で吸っても大丈夫だよ。ベランダの窓開けるし。ずっと立ちっぱなしで疲れたでしょ?アッチいこ?」
そう、ここまでの時間、だいたい一時間強。私はレンジフードの下から一歩も動けず、酒を飲み、タバコを吸い、一人立ち飲み酒場状態でした。
私とMさんはキッチンにいてあった灰皿と、飲みかけのビールを持って二人掛けソファーに一緒に座り、一緒にTVを見ていました。
M「一口ちょうだい」そういって私の飲んでいるビールをグイグイっと飲み、部屋にはTVの音と離れたキッチンの冷蔵庫のコンプレッサーの小さい音、それにタバコの煙を吐き出す際の深呼吸のような吐息。すると、Mさんは何も言わずに私の右肩に頭を寄りかからせ、私もMさんの顔を見つめるとMさんも私の目を見つめ、そのまま自然とキスしていました。
私も急いでタバコを消し、彼女の求める激しいキスに応じました。二人掛けソファーに彼女を横にして、私は彼女の上に覆いかぶさろうと一瞬立ち上がると、「窓とカーテンお願い」といい、私は窓とカーテンを閉め、再び彼女の上に覆いかぶさりキスの続きを始めました。
私「ソファー狭くない?大丈夫?」
M「大丈夫♡これ背もたれ倒すとベッドになるやつなの♡」
私「じゃあ背もたれ倒そうか?」
M「後ででもいい♡続きしよ♡」
覆いかぶさりながらキスしていると彼女は私のシャツをお腹から片手を忍ばせ、私の乳首を弄りはじめました。小刻みに弄られすぐに私の乳首は硬くなり、「硬くなったね♡ねえ、舐めさせて?」と荒い吐息の中おねだりしてきました。私はシャツを脱ぎ、舐めさせるために彼女の頭の横に立ち膝で座ると、彼女も横に向きペロペロと舐めはじめました。こういうことは私から先にしていただけに、いつもより興奮してきました。私も彼女にされたようにお腹から上着の中に左手を忍ばせ、彼女の胸をそっと鷲掴み、彼女の乳首だけを触らないように焦らし、乳輪の外側だけで焦らし続けました。焦らされてるとわかるように揉んだり舐めたりしていると「んん〜♡乳首も舐めてよぉ〜♡」と身体をクネクネさせ求めてきます。散々焦らしてからの乳首への愛撫で、彼女はより大きな喘ぎ声になります。待っていましたとばかりに喘ぎ始めた彼女は、またしてもそっと左手を私の股間に手を当てスリスリ触って脱がそうとしてきます。私のベルトをカチャカチャ外し始めたので、私も彼女のパジャマとパンツを脱がし、彼女の脚をガバッと思い切り広げると、もうすでに彼女の下のお口からヨダレが垂れ流れるほどビチャビチャでした。
私「すっごいよM!触ってないけどビチャビチャで溢れてるよ?」
私「こんなに濡れてるならもう挿れられそうだね?」
M「もう我慢できない!!挿れて♡」
私「え、Mゴム持ってる?」
M「持ってるわけないじゃん!生でいい!挿れて♡」
私は彼女のトロトロでビチャビチャな愛汁をムスコの頭部でたくさん愛撫し、彼女の中に入りました。予想通り、濡れまくっていたため駆け足のようにすっぽりムスコの根本までズブリと彼女を突き刺しました。
M「あー♡入ってきたー♡」
私「Mの中すっごいトロトロだね♡痛くない?動いても平気?」
M「大丈夫♡いっぱい突いて♡」
私「いやMの中トロトロすぎて長く保たないかも…」
M「ダメえー!エッチ久しぶりなんだからいっぱいしたいの♡」
私は腰をゆっくり動かしながら
私「エッチ久しぶりなんだ?いつからしてないの?」
M「あの子を妊娠してからだから4年近くしてない!」
私「久しぶりのエッチどう?」
M「最高♡ずっとしたかった♡」
私「Mってアソコ弄る前からトロトロだったもんね?パンツ脱がした時パンツとアソコすんごい糸ひいてたよ?」
M「やあ♡恥ずかしい♡なんか昔から濡れやすかったの♡」
私「それはエッチが好きだからでしょ?(笑)」
M「エッチ大好き♡♡♡だからいっぱい突いて♡」
私は彼女に体育座りを仰向けでさせ、トロトロな肉壺をひたすら刺し続けました。腰から腰へ刺すたびに彼女もソファーもシンクロして鳴き続けます。彼女は何度も「気持ちいい♡」とご満悦でしたが、
M「ねえ、上で動いていい?」
攻守交代です。私は普通にソファーに座り、彼女は私の正面で向かい合い、ガニ股になりながら私の息子をゆっくりと丸呑みしていきました。ムスコの頭部からは彼女の体内の硬い部分にぶつかり、彼女が上下に動くたびにムスコからの触感はコリコリ感と、しかし鳴り響く音はグッチョグッチョとパンパンと彼女の溢れる声の三重奏。
私は向かい合って激しく腰を振る彼女に、
私「腰の使い方めっちゃ上手すぎ♡」
M「コリコリしてるのわかる?これ子宮の入り口♡このコリコリが最高なの♡」
彼女が最高に感じているのが私にもわかりました。私と結びついている連結部の中が締まってきたのを感じたからです。腰の上下を休めずに締め付けてくるので、
私「ちょ、待ってM!締め付け凄くて耐えられない!」
M「イキそう?いいよイって♡」
私「いやマジでもうイキそうだよ!?」
M「いっぱい出して♡」
彼女は腰を止めることなく、ムスコを抜く気もなく、一定間隔で腰を上下に打ちつけてきて、私は彼女に白い体液を刈り取られました。思い切り天に向かって発射した液体の白い弾丸は、彼女の中で打ち上がり、体内で打ち上がった花火を感じた直後腰を止め、彼女の全身もビクンビクンと肉体が跳ねていました。

一夜明け

彼女と娘、そして私も同じ寝室で寝ました。彼女に腕枕して、一度だけ娘が夜泣きした時には目が覚めましたが、あとはぐっすり寝てしまいました。
目が覚め、気付くと腕枕していた彼女はおらず、彼女は私の朝勃ちしたムスコを優しく握りこみ上下に動かしていました。
M「ふふ、起きた?おはよ♡朝からビンビンだね♡」
そう言うと彼女は掛け布団の中に潜り込み、おもむろにムスコを咥え、朝からジュポっジュポっと景気のいい音色を演奏しはじめました。
私(ああ…朝からなんて気持ちいいマッサージなんだろう…)
早朝マッサージから数分すると聴き慣れない音色で娘も目が覚め、自分の母親が隣にいないことに気づきました。
娘「あれママいない?ママー?ママどこー?」
直後ママは上下のマッサージをピタッと止め、娘が部屋から探しに出るまではずっと咥えたまま舌で遊んでいましたが、娘が寝室から出ていった音を確認すると、まるでかくれんぼしていたかのような雰囲気で娘を後から追いかけて行きました。この【母親】と【雌】との二面性のギャップに私は正直虜にさせられました。
朝の朝食・身支度、今晩の夜ご飯の下準備とテキパキこなす彼女を眺めながら母親としての一面を感じつつ、昨夜の肉食感たっぷりな雌の一面も思い出し、そのギャップに正直惹かれ、また抱きたいなと思いました。
まず保育園へ娘を送り届け、そのまま出勤、これが彼女の生活リズムだと。
保育園に行く前に乗せてもらったローソンにつき私は彼女の車から降り、
私「それじゃ、またね!」
M「うん、バイバ〜イ!」と別れました。別れた直後に『昨日は泊めてもらってありがと!それとMとのエッチが最高に気持ち良すぎて、また泊まりに行きたくなっちゃった♡時間なら作るからいつでも誘って!』とメッセージを送り、帰ってから少し二度寝をしました。

出会い体験談 まとめ

その後二人はどうなったのか
昨日の雌のMが忘れられなくて、また今日も泊まれないかな〜なんて軽く考えていた私ですが、その日以降、彼女からのメッセージは既読になることなく一切連絡が返ってこなくなりました。最初は忙しかったのかなとも思いましたが、日曜を挟んだ数日間にプツリと音信不通になったのです。心配はしました。ただ連絡の取れない状況で家に直接行くのはさすがにダメだと思ったのでしませんでしたが、今となってはその理由が分かるすべはありません。きっと良いパパにはなれなそうだと感じられたのかもしれません、あくまでも私の想像ですが。
それか、単純に身体目的のヤリ目ですか?その場合ならどっちがハメたハメられたで訳わからなくなりますが、それならそれで性欲処理できたので文句はないです(笑)むしろリピーターになってもらえなかったことが残念で仕方がないです。
しかし何よりもまず出会えたこと、ここが最大のポイントだと思います。この体験談みたく出会って約1時間後には抱いてるなんてものは
決して多くないレアなケースだとは思いますが、こうやって出会えている事実もあるということです。読んでいただけたあなたにも出会えるチャンスはあります。お互い良い出会いに恵まれるよう、まずは使って行きましょう!


安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)