ゲイの出会い系アプリ9monstersでの体験談 千葉県在住40歳ガテン系の男性と初体験

9monsters 体験談

9monstersとは、LGBTの人向けの出会い系アプリである。
現在、LGBTと公言している人の数は増えてきているものの、その数はまだまだ少ないのが現状である。
また、日本社会では、LGBTと特性について、多くの人が性格に認知できていないのが現状である。
そのため、LGBTの人たちにとって出会いというものは少なくなっており、出会い系サイトが貴重な出会いの場を担っているのである。

私がゲイだと自覚した経緯

 私は現在24歳男性であり、LGBTのGに対応するゲイのセクシャリティをもっている。ゲイだと自分が自覚したのは高校生の頃である。
 当時、自分のセクシャリティを確かめたいがために、彼女を作ってみたこともあったが、性的な興奮を覚えることが一度たりともなかった。そのため、すぐ彼女と別れてしまった。
 しかし、そんな私も初めて心からドキドキするような片思いというのを経験したことがあった。当時、私はサッカー部に所属していた。片思いの相手は、同級生のキャプテンの男である。ここでは、A氏と称する。A氏は、身長が高く、短髪、色黒で男らしい風貌である。A氏は彼女を作った経験がなかったため、もしかしたら付き合うことができる可能性があるかもと淡い期待をもっていた。しかし、その淡い期待はすぐに消え去ったのである。
それは、A氏がサッカー部の後輩マネージャーの女と付き合ったのである。
そのため、私の初めての恋愛は片思いという形ではかなく散ったのである。

私が9monstersを始めた理由

それからというもの、私はどのようにして恋愛を実らせていいかわからないまま高校生活を終えた。
高校卒業後、ゲイの出会い系アプリを見つけたのである。
それが9monstersである。
18歳以上であれば始めることができるため、早速はじめてみた。
最初は不安が大きかったため、顔写真は載せないで始めてみた。
始めてみると、そこにはたくさんのゲイの方が存在していて安堵と驚きを覚えた。
安堵を感じたのは、高校生までの間にゲイの人に出会ったことがなかったため、こんなにも仲間がたくさんいるのだと感じたためである。

9monstersを通してのマッチング

 初めて9monstersでやりとした方は、千葉県在住、40歳ガテン系の熊顔の男臭い風貌の方である。ここではB氏と称する。
当時、私は大学生であったため、茨城県に住んでいた。
プロフィール画面から私はB氏のことがタイプと判断することができ、9monstersの機能であるタイプの人に送る「いいね」ボタンをクリックした。
その後、B氏からも返答が届いた。
それからチャットをするとB氏は若い子が好きということでマッチングしたことがわかり、会うことが決まった。
 そして、ゲイの世界で重要なのがセックスのポジションである。
大きく分けて3つのポジションが存在する。
タチ、ウケ、リバ、バニラである。
タチは責める側の人。
受けは責められる側の人。
リバはタチとウケの両方ともできる人のこと。
その他にもバニラという、アナルセックスをしないことを指すポジションも存在する。
私はウケ、B氏はタチということでポジションのマッチングもできた。

初対面の日

いざ初対面当日。待ち合わせ場所はB氏の家である。
緊張の面持ちでB氏の家に着くと、すぐにセックスが始まった。
それが私の初めてのセックスの経験である。
キスから始まり、アナルセックスまで行った。
気持ちいいというよりは、初体験のなんとも言えない感覚が強かった。
行為が終わった後は添い寝を小一時間程した後、外食しようという運びとなった。
場所はB氏の近所にあるバーミヤン。
しゃぶしゃぶ食べ放題を注文。
ゲイの出会いについての会話などをしながらご飯を楽しんだ。
ご飯代は全てB氏が出してくれた。
その後LINEのIDを交換し、その場で別れた。
今では、もうB氏と連絡は取っていないが、貴重な初体験でいい思い出である。

出会い系体験談 まとめ

ゲイの方で出会いを探している方へ。
LGBTの方は日常生活から出会いが生まれる可能性はほぼ皆無です。
まずは、出会い系サイトを試しに始めてみてください。
無料ですし、不安でしたらプロフに載せたくない情報を書かないこともできますし、顔写真を載せなくても大丈夫です。
それでは、いい出会いが訪れることを願っております。

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)