Pairsで出会った金融勤めのハイスペックな彼

ペアーズ体験談

社会人になって、将来を見据えた恋愛がしたいと思って始めたマッチングアプリ。
将来を見据えたといっても、相手の勤め先や見た目などに重きを置くタイプではなかったので、条件としてはそこまでハイレベルなものではありませんでした。
今でもそれは変わらないのですが、Pairsに登録した際、
これまで登録したすべてのマッチングアプリの中で、最もハイスペックな男性とマッチングしました。
今回お話するのは、そんなS君との出会いです。

Pairsで出会った金融勤めのハイスペックな彼

 私は、基本的にメッセージをくれた相手に対しては、特段の理由がない限り、返事をするようにしていました。
返事といっても、「マッチングありがとうございます!」
といった簡単なあいさつ程度のものだけですが。
その後、相手のプロフィールを確認し、コミュニケーションに問題がなさそうであれば、やり取りを続けていました。
S君においても同様の流れで、メッセージを返信してから彼のプロフィールを確認すると、かなりハイスペック。
出身大学は誰でも知っているような某国立大学。
二つ年上で、高身長、高収入。昔で言う3Kのそろった男性でした。
メッセージのやり取りは、「どういった仕事をしているのか」というところから始まりました。
私が自分の職業を紹介した後にS君の仕事を聞くと、S君はなんの躊躇もなく勤め先の企業名を教えてくれました。
それはかなり高給で有名な大手金融機関でした。
私は興味本位から、彼の働き方やお給料まで、かなり踏み込んで質問をし、彼も隠すことなく(もちろん話せる範囲で)きちんと返事をしてくれていました。
メッセージのやり取りもマメで、いわゆる3Kの彼が、なぜマッチングアプリに登録しているのかと聞くと、
どうやら「仕事が忙しくて出会いがない」のと、
「会社の先輩に頼まれて合コンをセッティングしなきゃいけない」とのこと。
正直、後者のほうが大きいんだろうなと思った私でしたが、
私自身も合コンは嫌いではなかったので、「じゃあ合コンやろう」ということになり、LINEを交換しました。

合コン当日。S君のギャップに好印象。

 合コン当日、S君が予約してくれたお店で待ち合わせをしました。
現地に到着すると、そこはかなり雰囲気の良い、高そうなお店でした。
時間より少し早めについた私と私の友人たちが店に入り案内された個室へ行くと、男性陣はすでに席に座っており、笑顔で出迎えてくれました。
その日初めて会うS君と私でしたが、S君が真っ先に話しかけてくれたおかげで、スムーズに初めましての挨拶を交わすことができ、合コンを始めることができました。
S君は想像通り落ち着いた雰囲気があり、先輩方のノリに無理に合わせようとしない感じがとても好印象でした。

私の友人も相手の先輩方も私たちがアプリを通して知り合ったということを知っていたので、合コン開始後、話はそれでもちきりでした。
途中、私がトイレに行くために席を立つと、S君も同じタイミングで立ったので、トイレに行くまで二人きりになる時間ができました。
二人きりで話してみると、アルコールの影響もあるのか、意外にもS君は饒舌でした。「〇〇ちゃんと仲良くなれてよかった」

「先輩たちもご満悦でよかった」
など次々に話すので、そのギャップがおかしく、
私も笑って
「そうだね~」
と返していました。
トイレは男女別々だったのですが、私がトイレから出るとS君が待っており、
「よかったら、二次会のあと二人で飲みなおさない?」
と誘われました。私も、S君ともっと仲良くなりたいなと思っていたので、承諾。
そして合コンに戻りました。

二次会はカラオケ、そして二人でBarへ

 一軒目で二時間ほどお酒を飲み、その後二時間カラオケへ行き、解散しました。
三次会へ行く人たちもいましたが、私とS君は帰るふりをして再合流をしました。
そして入ったのは、店内にマスターと数名の客しかいないBarでした。
カウンター席に肩と肩がくっつく距離で座り、お互いの息が顔にかかる距離で話をしました。S君は私のことを気に入ってくれたみたいで、かなり積極的に恋愛観や仕事の話をしてくれました。彼は紳士的にも、私の終電をしっかり確認してくれ、終電の1本前で解散しました。

その後数回合コンを開催し、デートに誘われるが・・・

 S君とはその後も頻繁に連絡を取り、数回ほど合コンをしました。
毎回、一軒目→カラオケ→二人で飲みなおす、といった流れでした。
初めのうちは合コンのたびに三次会にドキドキわくわくしていた私でしたが、それも徐々に薄まり、
「二人で飲みに行こう」と誘われたときには友達のような感じになってしまっていました。

私は、自分が友達だと思っている人と恋愛関係になることができないタイプで、そのためS君の誘いは残念ながら断ることになりました。
今となっては、そもそも何故早く二人きりでデートしなかったんだろうと思いますが、当時は毎回同じ流れになってしまっていたので、
お互い言い出しにくかったのかなあ、とも思います。

マッチングアプリを通して、さらに広がる輪

 Pairsで出会ったS君のおかげで、より多くの男性に出会うことができました。
もちろん、合コンだけでなくマッチングアプリも並行してやっていたので、その期間は本当にたくさんの男性と会っていたと思います。
その中でお付き合いをすることになる男性はいませんでしたが、たまに飲みに誘ってくれるような友人は何人もできました。
このようなつながりは、普通に生活していたらできないものでしたし、マッチングアプリを通してしかできない経験だったと思います。
恋愛相手を探すことはもちろん、マッチングアプリから広がる新しい輪を楽しみに、アプリを始めてみるのも、大いにアリ!だと思います。

人気記事 【ワクワクメール体験談】イケメン銀行マンよりも冴えない男性を選んだ理由

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)