ハッピーメールで出会った!インテリ系絶品ボディ娘!

ハッピーメール体験談

暑かった夏が終わり、秋の気配が漂ってくると無性に人肌恋しくなってくる。
誰もが経験のある感情だろう。
この時期、彼女でもいれば毎日イチャイチャして楽しいだろうな。
そんな事を考えてばかりの最近の僕は、もう彼女と別れてかれこれ2年ぐらい経っただろうか。
そろそろ彼女が欲しいな。そう思って、以前職場の先輩に勧められて登録したものの、使い方もよくわからずほったらかしだったハッピーメールに久々にログインしてみた。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

ハッピーメールは日本最大の人気出会い系!

ハッピーメールは、ポイントを購入して女の子とメールのやりとりを楽しめる大手の出会い系サイトだ。
メールのやりとりで気が合えばもちろんデートにも誘い出せる。
ネットで「ハッピーメール攻略法」なるページを隅々まで読み準備を整える。
意外と簡単に楽しめるんだ。以前挫折したのがウソのようだ。
まずは何となくサラッと書いていたプロフィールを一新する。
女の子が興味を持ってくれそうなトピックスをしっかり入れて、誠実、爽やかさをアピールする。
イケメンじゃなくて不利なのは仕方ないが、それでも写真も変な加工なんかせずに載せる。
遠目に写ってる笑顔の写真をチョイスだ。これで多少はいい感じに見える。
やっぱり笑顔が一番大事だ。

検索でご近所さんと仲良しに

自分のページが整ったらいよいよ女の子検索だ。
住んでいるところが近くて同じくらいの年代で絞り込む。
これぐらいの絞り込みだとかなりの数の女の子が表示されるが、今は時間があるのでゆっくり吟味しながらチェックしていく。
20人ぐらいピックアップして片っ端からメール攻撃だ。
とは言ってもコピペじゃ女の子もうすうす感づいちゃうので、ちゃんとプロフィールの中から何か一つは言及するようにしている。
「キャンプにハマってるんですね!僕も先週行ってきました!」とか、
「ちょうど犬を飼ってる人と仲良くなりたかったんです。」といった具合だ。
2日経って、それまでに返事をくれたのは3人だった。
この先は他の娘からの返事はおそらく望めない。今回はこの3人との縁を大事にしていこう。
それから一週間後、メールを続けているのは28歳のベビーシッターのモエだけになっていた。
読書や美術鑑賞が好きだとプロフィールに書いてあったインテリ系だ。
正直そんな高尚な趣味は持ち合わせていないが、持てる知識を最大限に引っ張り出して何とか会話をつないでいた。
そろそろメールを卒業して会わないとなー、と思った僕はモエを美術館デートに誘うことにした。
相手が興味を持っている事で話を膨らませていくのは鉄板のテクニックだ。
「モエちゃん、森美術館のチケットあるんだけど一緒に行かない?」
「え、すごい!いいんですか!?」
結構いい食いつきで僕もビックリだ。
「うん、良かったら色々教えてよ」
「任せてください!」

初デートは美術館

森美術館は六本木ヒルズの53階にある。
高層ビルの下で僕たちは待ち合わせた。
そして約束の時間ピッタリにモエは来た。
黒い細身のパンツに大き目のブルーのロングシャツ、グリーンのストールを巻いた黒髪ロングのインテリ系だ。
色気なしというか、フェロモンは正直そこまで感じない。
今日は真面目なデートになりそうだ・・
早速展示を見て回るが、絵を見ても特に何も感じていないことを悟られないように、僕は必死でモエに質問を投げかけたりモエの説明に納得しているフリをした。
こんなに疲れるデートは初めてだ。
知ったかぶりはあまり良くないと今さら気付いたところでどうにもならないが・・
やっと絵の展示を一周し終わって、僕らは展望スペースにたどり着いた。
東京の街を一望できる素晴らしい景色だ。
しばらく2人でお互いの家の方向や会社の方向を指さして盛り上がっていた。
すると、「お腹空きませんか?」急にモエが言った。
「ちょうどお腹空いたなーって思ってたんだよ!何か食べに行こうか。」
「私、ラーメンが食べたいな。」
意外な答えだ。美術館デートの締めがラーメンか・・
色気のないチョイスだけど、モエはすごく自然でいい子だと好感が持てた。

ラーメンの後に急展開!?

家の近くにちょうど評判のラーメン屋があるのを思い出して何の気なしに誘ってみた。
4駅隣が僕の家の最寄だったので、仲良く地下鉄に揺られて他愛のない感想を言い合いながらあっという間に到着だ。
美味しいと評判の店だけあって、モエも大満足。
いい雰囲気で初デートを終え・・・いやいや!
気付けばここは我が家のすぐそば。ホームグラウンドに図らずも引きずり込んだ形だ。
初デートでここまでのシチュエーションはなかなか望めない!
ここはダメもとで、「家、そこなんだけど・・寄っていかない?」と軽い感じで誘ってみた。
「・・んっと、少しお邪魔しようかな・・」
警戒しつつもまんざらでもなさそうだ!
せっかくなんでと、コンビニでお酒を少し買った。
モエもお酒は好きな方で弱くもないと意外な反応だ。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

部屋でまさかのランジェリーショー

一人暮らしの狭い部屋なんで座るところはベッドしかなく、モエがベッドに腰かけて僕が床に座りビールで乾杯した。
お互いの仕事の話や元カレ元カノの話など、美術館ほど取り繕わなくて良くなった僕は急に饒舌になって、お酒もまわってきたモエは「何かさっきまでと違う人みたい。」とやけに嬉しそうだ。
僕も、「モエちゃんのイメージも変わったよ!ガチガチの真面目ちゃんかと思ってたよ。」と言うと、「残念でした!私ね、結構サイトで会ったりしてるんだよ。月に2~3人は会ってるし、下着のモデルとかもやってるの。」サラッと言った。
「今日は初めて会うからこの格好なんだよ。なるべく下心を刺激しないようにって考えたの。」
なるほど、色気なし作戦だったわけか。確かに言われてみれば、おっぱいもお尻もなかなかいい具合に思えてきた。
このタイミングでカミングアウトはもしや脈ありなのか!?
「じゃちょっとパンツ見せてよ!」酔った勢いで我ながらアホなセリフを吐いてしまった。
すると、「いいですよ。」意外なほどあっさりとモエは服を脱ぎだした!
あっけに取られている僕を気にせず、パパッと一瞬で下着姿になった。
「えっろぉ・・」色気なし作戦で完全にノーマークだったボディライン。
黒のレースという僕の一番萌えるタイプのエロ下着じゃん!
まるでAV女優の立川理恵のような、Gカップのおっぱいにムチムチのデカ尻という絶品ボディが目の前でポーズを取っている。
昼間の美術館デートとのギャップが激し過ぎて頭が混乱するが、下半身はある意味冷静だ。
やるべき事はわかってるとばかりに、ジーンズの上からでも形がわかるぐらい荒ぶっている。
問題はモエだ。天然なのか?エロ娘なのか?こんなエロい下着姿になってるけど、いざとなればNO!と言う女なのか?
「失礼しまーす」僕はGカップのおっぱいに手を伸ばしてツンツンとつついてみた。
今日はとことんアホキャラでいってやる!
モエは爆笑した後、「シャワー行きましょ」と言ってスタスタと風呂場に向かった。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

インテリ系が痙攣イキ

つい何時間か前までは想像もしていなかった嬉しい誤算に、僕のチンコは爆発寸前だ。
2人で泡だらけで洗いっこして、僕はすぐにでも挿れたくて仕方なかったけど何とか我慢した。
こんな絶品ボディはベッドでゆっくり味わいたい!
キスから始まり、おっぱいをタプンタプンと揉みながら舌をだんだん下の方に移動する。
乳首を吸ったり含んだりするとモエも喘ぎだした。
おっぱいをじっくり攻めたら次はいきなりクリトリスだ。
指でこねくるのもいいけど、思いっきりクンニしたい気分だった。
クリをチューチュー吸ったりビラビラを丁寧に舐め上げていると、モエの背中が弓なりになってお尻が浮いてきた。
ここぞとばかりに中指と薬指にたっぷりと唾をつけて優しく指2本を挿入する。
クリを舐めながら指を小刻みに動かすと、「イグーッ!」大きな声を出してモエがビクビクッと痙攣して果てた。ダイナミックなイキっぷりに僕も最高に興奮した。
次は待ちに待った僕の番だ。
正常位で深くまで挿れるとモエは苦しそうな表情になった。
心配になって「痛かった?」と聞くと「またイキそう・・」気持ち良すぎの表情だった。
腰の動きを速めながら限界まで我慢して、モエがガクンッと脱力したと同時に僕も発射した。
一緒にイケたのが2人とも嬉しくて、しばらく抱き合ったまま痙攣のような余韻に浸った。
ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

とにかく動き出そう!出会い系体験談 まとめ

それから僕らはめでたく付き合うことになって、お互いにサイトはしばらくお休みしようという事になった。
モエもただヤリたくて何人ともデートしていたわけじゃなく、本音は彼氏が欲しかったらしい。
身体の相性も最高だし、良い娘に出会えて本当に感謝しかない。
キミも彼女が欲しけりゃとにかく一歩でも動き出そう!
そうすればきっと相性ピッタリの彼女が見つかるから!

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/