PCMAXで23歳の美しい人妻に出会った体験談

PCMAX体験談

地方の山間部の生まれの私が東京で友達もいない中、出会い系サイトで出会った美女のお話です。

さみしく過ごしていた日々

上京し数か月がたち、仕事はなんとか出来るようになってきたもののまだまだミスや
分からないこともあり、日々苦しいことや悲しいことに耐える毎日でどうしても地元の友達や家族の事を思い出し、寂しい気持ちに駆られることが多くありました。
そんな時、スマホをいじっているとPCMAXという出会い系サイトの広告が目に飛び込んで来ました。
ただ、その時の私は、「出会い系サイトは危険」や「出会い系サイトで架空請求が・・・」等と考えており、ためらっていました。
しかし、どうしても寂しさを埋めたかった私は検索サイトで出会い系サイトの情報を集め始め、いろんなサイトがある中でPCMAXは登録者が多く、若い子も多いと共通して紹介されていたのでびくびくしながら登録することにしました。

PCMAX(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

出会い系サイトに登録してみた

いざ登録すると決めると手続きは簡単で、サイトの案内通りに進めるだけで簡単にいろんな女の子とコミュニケーションをとることが出来ました。
考えていた危険性や架空請求については微塵も感じさせない分かりやすい作りで、
安心して女の子の情報をチェックしていると、メッセージが届きました。
内容を確認すると私と同じ地方の出身で同じ野球観戦が趣味の女の子から
私にお誘いのメッセージを届いたのです。

あい(仮名)23歳女性 A型
「はじめまして。出身と趣味が一緒だったので連絡しました」

簡単な一文でしたが私はとてもうれしく、すぐに返事をしました。
すると、相手からも返事があり共通の趣味や出身の話ですごく盛り上がり、何度も
メッセージを送りました。
そうなると当然メッセージを何度も送ったことで利用する為のポイントが消費され、残り少なってしまったのです。
当時それほどお金も無かったので、正直にそのことを相手につたえると、、、

「じゃあ、空いてる日で会えませんか」

PCMAX(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

デート当日

と返信がありドキドキしながら空いてる日程を相手に早速伝えて予定をきめると、池袋駅の東口喫茶店で待合せをしました。

浮かれていた私は時間15分前までには喫茶店にはいっていて相手が来るのをひたすらドキドキしながら待っていると、

「いまつきました。どの席にいますか?」
メッセージがあり、入口へ迎えに行くと、
そこには、つややかなで茶色の髪を肩くらいまででそろえた眼のぱっちりしたスレンダーな美少女が立っていました。
何かの間違いかもと思いながら、恐る恐る声かけると

「あいです。はじめまして」

明るくさわやかな声で挨拶をしてくれました。

その後は、二人掛けの席でコーヒーを飲みながら、デートコースを決めて遊びました。
シミュレーションゴルフをしたり、ゲームセンターで遊んだりして、夜はスポーツバーで
スポーツ観戦をしながらお酒とごはんを楽しみました。

特にスポーツバーでは同じチームを応援していた事もあり、とても話が盛り上がり選手の個人データについてやチームの戦術等、真剣に話し合ったり選手の面白エピソードで笑いあったりすごく楽しい時間を過ごすことが出来ました。

試合も終わりお酒も入って、気分が良くなったところで私がこの後どうしようかと問い掛けると

「あした仕事で早いから帰るね」

といわれてちょっと焦りすぎたかなと後悔しながら、会計をすませ駅に向かって歩いていき、改札で別れる直前に彼女から抱きついてきて

「また会おうね、つぎは泊りで・・」
 
と耳元でささやいてくれました。
私も彼女のスレンダーながらやわらかい体をぎゅっと抱きしめ返して必ずまた会おうと返事をすると、
ゆっくり離れ、彼女は改札を抜けで手を振りながら駅のホームへ向かっていきました。

翌日、衝撃的な事実

翌日、彼女にメッセージで昨日のお礼と今度は現地での観戦にいきたい事を伝えると

「昨日はありがとう。実は聞いてほしいことがあるんだけど・・・」

と返信。

「私、結婚してるの。それでも大丈夫かな?」

正直なところ驚きはありました。遊んだ時には指輪もしていなかったし、人妻とは考えてもみなかったことでした。
いろいろな思いはありましたがどうしてももう一度あいたかった私は、もう一度会いたいと正直に連絡をすることにしました。
すると

「うん、私もあいたい」

返事を確認し、会える日程を連絡すると、

「今度は夜がいいな」

と返信がありました。
私もどういう意味なのかわからない程、初心でもありませんでしたので、
了承の連絡と日時を伝えました。

PCMAX(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

2回目のデートそして、、、

当日は、前回と同じように池袋駅で待合せし、
近くのイタリアンでごはんを食べた後、ホテルへ向かいました。
正直、東京のラブホテルは利用経験が少なく、彼女に笑われてしまった部分もありましたが、かわいいと言って許してくれました。

部屋は結構きれいで黒系統でまとめたシックな内装で、奥にはベッド、手前にソファがあり、入口から部屋に入ってすぐに洗面所やバスルームがありました。
二人でソファに腰かけて他愛もない話をしていると雰囲気にあてられたのか、
彼女のつややかで血色のいい唇から吸い込まれるように目が離せなくなった。
自分の衝動のまま、自分の唇をよせると彼女は驚いたように少し眼を開き、しっとりした唇で私を受け入れた。
お互いに吐息を漏らしながらやわらかく蠢く舌でねっとりと何度も何度も唾液の交換しつつ絡ませあうと、私の手は別の生き物のように勝手に彼女のすこし控えめな胸へと伸び、彼女が着ていたセーターの上からその柔らかなふくらみをゆっくりと愛撫した。

唾液で透明な橋を作りながら、なまめかしい唇を離した彼女が
「シャワーをあびたい」というので、興奮していた私は気持ちを押さえつけながら、なんとか了承する。

ソファを立ち上がった彼女がバスルームへと入っていき、シャワーの水音を響かせ始めてから約20分といったところでバスタオルをまいた彼女が湯上りのほんのり上気した肌と濡れた髪でバスルームからゆっくり歩いてきた。

私も彼女と入れ替わるようにバスルームでシャワーを浴びるが期待感や興奮でおそらく
10分も掛かっていなかったと思う。

私がバスルームを出ると部屋の中は証明が薄暗く設定されており、
彼女はベッドで待っている状態でした。
抑えきれない私は、そのまま彼女のもとへ若干の速足で向かい、
ベッドに寝転ぶ彼女の横に転がった。

笑いながら彼女は
「まだちょっと体が濡れてる」というと顔をよせて私の御気にいりの唇でキスをねだるとその手でペニスをやさしくさすり始めた。
その羽毛が触れるようなやさしくいやらしい手つきで既に興奮していた私は、理性がなくなるのを感じた。
思いつくまま体勢を替え、彼女をうつ伏せで私の上に乗せ、下半身を私の顔に寄せる。

お尻をさすりながらそのヴァギナを外側からゆっくりとあじわうようにいたわるようになめまわすと彼女が嬌声をあげながら、私のペニスを咥え、世界一やわらかくいやらしいものが這いまわる感触にいまにも達してしまいそうになりました。

快感にすこし動きのとまった私に対して
彼女はいやらしく微笑みながら振り返って

「ふふ、きもちいい?」

と聞いてきました。

そこからは、お互いに言葉をかわすことはなく、私はひたすらに彼女の体と会話をしつづけ、本能のままに彼女をペニスで貫ぬき、彼女も私の上で腰をふり、それぞれが日常の傷をなめあうかのように、けもののように交尾しました。

PCMAX(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

PCMAX体験談 まとめ

翌日朝起きた時には彼女はおらず、なぜか私は彼女と連絡をとることもありませんでした。
彼女からも連絡が来ることはありませんでした。
不思議となぜかそれがただしいように感じられたのです。
人妻とセックスしたことが罪悪感として心にあったのかもしれません。

ですが、私にとってあれの体験は最も興奮した性行為のひとつでした。
いまでは、PCMAXを使い倒しています。あの出会いをもう一度求めているのかもしれません。
一人で寂しくしていたり、出会いを求めている方には出会い系サイトはお勧めできます。
思っていたよりもずっと安全で素晴らしい機会を提供してくれました。
PCMAXは若い子も多く、気になる方はまずは登録してみてはいかがでしょうか。

PCMAX(R-18)
\まずは無料で登録❣️/


安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)