Tinderで知り合った1つ上の男の子、なぜ会ったのか。

Tinder体験談

大学時代にわたしの周りで密かに流行っていたマッチングアプリ。
そろそろ彼氏が欲しいなと思いつつ、でもネットは正直怖いとも思っていました。
ただやらなければ何も始まらないと思い、とりあえず始めてみることにしました。

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

会うまでの流れ

わたしはまず初めにメッセージを送ってくださる相手の内容重視でした。
メッセージを送ってきてくださる方はたくさんいますが、本当に恋人が欲しいと思っていない方ももちろんいらっしゃいます。体目的だろうなと思うメッセージの方もいます。本当に恋人が欲しいと思っている人は、何度も返信をしてくれるような気がします。ちゃんと探しています。そして日常会話から始まり、今どんな仕事をしていて、どんな人が理想で、どんな趣味で、、話していくうちに気が合いそうだなとお互いが思えば気づいたら毎日メッセージをしていると思います。
わたしが出会った男性は自分より1つ上の愛知県の某有名車会社の工場勤務の方でした。
お互い連絡を取りはじめてから、すぐに顔を見せてとも言われずにやりとりをしていたので、すぐに会う気はないんだなとすこしほっとしました。そこからしばらく毎日やりとりをし、しらばくたった頃には「今仕事が終わったよ」「今何してるの」と言うことも言うようになりました。「おはよう」から「おやすみ」まで言う仲でした。

当日のデート

毎日のメッセージのやりとりが1、2ヶ月ほど続いてようやく遊ぼうという話になりました。と言うのも、連絡をとるよりもまずは会いたいと言う女性もいるようですが、わたしは知り合ってすぐではなく、メッセージである程度相手を知ってから会いたいと伝えていたのです。
行き先は県内の島へ。当日わたしの最寄りの駅へ迎えに来てくれました。会った時の印象は思ってたよりよく、ジムで鍛えていると言っていただけあって、しっかりした身体でした。島手前まで車で行き、そこからは船で20分ほど。道中や船の中では出身地の話などで盛り上がりました。彼の出身は種子島だそうで、最近はコロナもあり帰れてないため今日の島が楽しみだという話もしました。
島についてから、まずはお昼ご飯。こじんまりとした定食屋さんでした。たくさん食べる男性は見ていて嬉しくなります。が、わたし自身は正直緊張であまり喉に通りませんでした。
そのあとは島をお散歩しました。その島は最近若者から人気な島で、アートの島と呼ばれています。一緒に写真を撮ったり、海辺を歩いたり、緩い感じがとても楽しかったです。
夕方、すこし薄暗くなって肌寒くなった頃に寒いと言って手を繋いできました。季節は秋でした。手を繋がれても全然嫌ではなく、むしろ嬉しかったです。一緒に写真を取りはじめた頃から、距離感もいいしこの人いいなと思いはじめていました。
帰りの船を待つ列で横に並んでちょっかいかけあったり船に乗り、混雑して立っている中、揺れるわたしを支えてくれていたため、あれいい雰囲気なのかなと思っていました。

読者へのメッセージ

出会い系サイトはもちろん相手の素顔や本性は見えません。最近では出会い系サイトで知り合った人が事件に巻き込まれるというニュースも耳にします。なのでいいことも悪いことも全て自分で見極めなければなりません。全て自己責任です。出会い系サイトやマッチングアプリユーザーがみんないい人とは限りませんが、逆を言えばいい人はもちろんいます。出会う機会がない?ないなら作ればいい!女性経験がなくて不安?経験があっても不安な人は不安!自分はモテないから・・そんなの誰が決めたの??モテないといけないの?人間何か始めるには一歩踏み出さないと何もできません。ぜひ勇気を出して一歩踏み出してみて欲しいです。必ずいいことがあるはずだし、踏み出すことで日々の生活が今までより楽しくなったり、充実することと思います。


安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)