ワクワクメールで知り合った茨城30代後半人妻とのエッチな出会い体験談

ワクワクメール 体験談

私は48歳で東京に住む普通の会社員で妻子持ちです。
妻には内緒で出会い系サイト「ワクワクメール」を15年前くらいからやっています。
見た目に自信があるわけではないのですが、どちらかというとやせ型で身長は167㎝。
営業職で仕事柄、地方出張も多く
自宅の近隣ではバレる可能性が高いので地方の出張先でサイトを利用しています。

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

ワクワクメールで知り合った茨城30代後半人妻とのエッチな出会い体験談

もう10年ほど前になりますが7月真夏の蒸し暑い日でした。
私が38歳のとき、その日も茨城県へ出張で、ある主要都市で一仕事終えて
ホテルに帰り付くといつものようにワクワクメールを開きました。
「ヒマなので話せる人募集」との書き込みがあり
話がしてみたいとダメ元でメッセージを送ると快諾の返事がありました。
聞けば彼女の名前は「ひろ」さんと言い38歳、子供は中学生一人いるものの
夫はいわゆる「マザコンダメ夫」で現在は別居中なのだとか。
パートで生計を立てながら、夫からの生活費で暮らしているようでした。
私は彼女と話を合わせるために「別居中」と答えました。
彼女は共感してくれたのか、その後はお互い悩みを打ち明けあい
深夜までメッセージのやり取りは続きました。
ここまで盛り上がったのなら、約束してその日会えばよかったと後悔しつつ
残念ながら翌日には東京に戻らねばならず
LINEも普及していなかった時代だったので、メアドを交換してその日は就寝しました。
翌日からお互いのメールのやりとりが始まり他愛のない話から真剣な話まで
大いに盛り上がり、徐々にではありますが心が打ち解けあっていきました。
電話はお互いの生活があるのでしませんでしたが
逆にそれがお互いの期待値を高めていきました。
そんなやり取りを続けて1週間ほどたった時
ふとした流れで彼女にエッチなメール返信を振ってみました。
彼女もまんざらではなく、恥ずかしいといいながら話に乗ってくれました。
私が〇〇町にリゾートラブホがあった事を切り出すと
彼女は岩盤浴があるので行ってみたいと言いました。
いわゆるラブホデートにあっさりとOKをくれたのです。
翌週に茨城へまた出張に行く機会があったので1週間後に会う約束をしました。
表向きは岩盤浴への誘いでしたが、上手い具合にラブホデートに誘う事が出来ました。

当日会った様子

翌週、出張で一仕事を終えて夕方に彼女と待ち合わせをする事になり
近くのドン・キホーテで待ち合わせすることになりました。
深夜まで営業しており、無料で停め放題という事で
車を乗り合わせしてホテルに行く約束をしました。
私のクルマは小型のコンパクトカー。彼女のクルマは1BOXカーとのこと。
ドン・キホーテには私が先に到着しましたが彼女からちょっと遅れるとのメールがあり
不安とドキドキしながら車内で待っていました。
すると、1台の1BOXが私の隣に駐車、窓越しに笑顔で会釈する女性。
ゆっくりと1BOXのドアが開きジーンズにボートネックシャツの
スラっとした女性が降りてきました。最初は暗がりで分かりにくかったのですが
とても健康的で少し浅黒く日焼けした肌。年齢は若く見えます。
その日も真夏の蒸し暑い日、彼女の薄いシャツからタンクトップが透けて見えました。
ショートボブヘアーでパっと見女優の「麻生久美子」さんのに似ている感じでした。
早速車から出て挨拶。ちょっと照れ臭かったですが
彼女を私の車の助手席に乗せてしばらく車内で会話。
「麻生久美子」さんにはよく似てると言われるとの事。
毎日メールをしていたので、初対面とは思えぬくらいすっかり場は和んでいました。
他愛も無い会話が続きましたが、メールではホテルへ一緒に行く事を約束したものの
一応確認のためにホテルに行く意思があるか恐る恐る聞いてみました。
実際会ってみて彼女が失望したというなら今日はこれで帰ろうと思いました。
私は「ホテルいきます?」と聞くと彼女はハニカミながら照れ臭そうに無言で頷きました。
ちょっとドキドキしましたがホッとしました。
運転席から彼女の右手を取って軽く握ると程よく湿り気を感じ
ドキドキした鼓動を感じ取れました。
私は彼女の肩を引き寄せて、優しく頭を撫でてあげました。
なんともいえない、いい香りに私のテンションはMAXになり
彼女の唇に軽くキスをしました。このままだと欲求も抑えられなくなってしまうので
心を落ち着かせて車を走らせました。
ドン・キホーテからホテルまでは車で約10分ほどでしたが
移動中の間もお互いの手を握り合い、かなりラブラブムード。
彼女の無邪気な笑い声が車内にひびき、とても幸せな空間でした。
ホテルに到着すると、彼女は隠れるように私の腕を掴んできました。
素早くチェックインを済ませ、薄暗い廊下を歩く二人。
部屋を示すランプの点滅が見えて、なぜか緊張してしまう私。
ゆっくりと部屋のドアを開けると、リゾートチックな光景が広がっていました。
サウナや岩盤浴やアジアン風のベッドで解放的な雰囲気。
ここからは二人の空間だと思うと、緊張も解け解放感があふれてきました。
バスルームや岩盤浴を見て回り、まるで遊園地に来たようにはしゃぐ彼女。
高まる欲求に本心は目の前にいる彼女を後ろから思い切り抱きしめたい気分でしたが
ここは堪えてお互い喫煙者なのでタバコを吸いながら落ち着きを取り戻そうとしました。

ホテルでのHの様子

フリードリンクを飲んで一息ついたところで、シャワーへ彼女を誘いました。
一緒は恥ずかしいといいつつも、更衣室へ向かい
お互い照れながらもゆっくりと服を脱いで生まれたままの姿になりました。
普段フィットネスに通っているという彼女。38歳とは思えぬ引き締まった体。
バストはやや小ぶりでしたが、ハリもあって乳首はツンと上向き。
すこし黒ずんだ乳輪は大きめ、余計にエロで淫靡な雰囲気を醸し出していました。
手を繋いでバスルームへエスコートしてお互いの体を洗い合いました。
時々悪戯で彼女が私のペニスをいやらしく握って弄び始めました。
ツンツンと指で突いたり、裏筋を舌先で舐めてみたり、カリ首をなぞったり
まるで玩具で遊んでいる無邪気な子供のようでした。
石鹸の滑りも相まってゾクゾクするような快感が私の背中を伝いました。
お返しに私は彼女のマンコを指でなぞると甲高い喘ぎ声がバスルームに響きました。
彼女が官能するとペニスを触る手に更に力が入りました。
蒸し暑い湯気の中でディープキスをしながら、お互いの性器を触り合いました。
彼女のマンコの陰毛は薄く、処理も綺麗に施されており
割れ目の間に指を忍ばせるとヌルっとした湿り気の先に指が引き込まれていきました。
構わず奥まで指を入れた時、彼女がビクビクとした反応をしました。
ゆっくりと指を抜き差しするとやや脱力しながら目はトロンと落ちていきました。
膣内の奥深くはしびれるほどの熱い感触が指先に伝わってきました。
一瞬ザラッとした秘部に触れた瞬間、喘ぎのトーンは数オクターブ上昇。
湿気なのか汗なのか愛液なのか、彼女のマンコはグショグショになっていきました。
ちょっとヤラレタ感のある彼女は、私をバスタブに座らせて
ペニスを咥え激しいストロークでフェラチオを始めました。
長短強弱の吸い付きを繰り返すテクニックと時々裏筋をゆっくり舌で舐めあげ
私の顔を小悪魔のような笑顔で見上げていました。
ビチャビチャといやらしい音がバスルームに響いていました。
私は堪えきれず嗚咽を上げていました。それでもやめない彼女。
脳天を突き抜けるような快感が全身を走ったあと
ついに堪えきれず、彼女の口内に発射してしまいました。
彼女は口内のザーメンをおどけて笑いながら手のひらに広げました。
精液がべっとりついたペニスを彼女はまた優しく洗ってくれました。
射精後でぞくぞくとくすぐったかったのですが、また直ぐに勃起してしまいました。
普段はすぐ勃起するという事は滅多にないのですが、この日ばかりは彼女に取られました。
バスルームから出てお互いの体を拭きあい、また軽くキスをして
バスローブに着替えると手を取り合ってベッドへ向かいました。
ホテルの照明を薄暗く調整してベッドイン。ゆっくりとまた手を繋いで暫くお互い無言に。
恥ずかしそうに布団に隠れる彼女がとても愛おしくなりました。
グッと彼女の体を引き寄せると、優しく頭を撫でながら再びキス。
ゆっくりとしたキスから始まりやがて徐々に深くなっていきました。
さらに舌を絡め合いながら、彼女のバスローブをゆっくり剥がしていきました。
薄く汗をかいた彼女の体。触ると普段鍛えているせいか適度なハリを感じ
二の腕、背中、お尻をゆっくりと触りながら感触を確かめていきました。
風呂上がりの火照った熱い体を抱き寄せ、手のひらを彼女の乳房に伸ばしていきます。
ひき締まった乳房を揉み解すと、彼女の息遣いのトーンが上がっていきました。
指先を乳輪になぞるように充てると、僅かな喘ぎが聞こえてきました。
ゆっくりゆっくり円を描くように乳輪を撫でていくと喘ぎはまた甲高くなっていきました。
乳輪から乳首へ指先を移すと、やや体は硬直しており、感じているのがわかりました。
乳首をクリクリと弄ぶと、口は半開きで目がトロトロになっていきました。
時折合間に深く舌を絡めたディープキスをしながら乳房を弄んでいきました。
やがて私の口先が乳房へと向かいます。乳房の外側からゆっくりと愛撫。
乳輪の手前でじらして本丸へはまで攻めず、彼女がもどかしくなるまで待ちました。
たまらず彼女が私の頭を掴むと、乳輪の愛撫を開始しました。
やはり感じているのか私の頭を掴む両手に更に力が入りました。
すこし黒ずんで年季の入った乳輪でしたが、乳首はすでに硬直状態でした。
わたしは唾液を絡めながら、乳首を吸い込むと喘ぎは更に一段高いトーンになりました。
右、左と交互に吸い付き、遂に乳房と乳首をギュッと中心に寄せての左右乳首を愛撫。
声を上げ仰け反るように彼女の体が反応したのが分かりました。
ちょっと疲れたので落ち着くために小休止。彼女の頭を撫でながら軽くキス。
痛くないかとか態勢がキツくないかとか彼女の体を気遣いながら優しく声をかけました。
無邪気な笑顔で私に頷いてくれた彼女。今度は彼女が私を気持ちよくしてくれるそう。
私は仰向けに寝そべると、彼女はゆっくりと私の体を撫でてきました。
仰向けに寝た体の中心で私のペニスはまた大きく固く勃起していました。
彼女は静かに私の片方の乳首を舐め始めもう片方の乳首は彼女の指先に遊ばれていました。
ゾクゾクとした快感が背中を走りました。やがて彼女の片手は私のペニスへ。
じらしながら指先でカリをなぞっていました。先端の「ガマン汁」をカリに擦り付ける彼女。
ぬるぬるとしたローションのような感覚で、何とも言えない気持ちよさ。
ペニスがビクビク反応を始めると、彼女は手のひらにペニスを包みました。
ゆっくりとした上下運動は時間を追うごとに早くなっていきました。
乳首を舐められる快感と手コキの快感が同時に進んでいき私も体が硬直していきました。
そこを見計らったのか、彼女は私のペニスを口に咥えました。
バスルームでの射精を再び思い出してきました。
フェラチオと手コキを交互に繰り返し、快感は限界に達しようとしていました。
ヤバいと思い、今度は私が彼女のマンコにクンニを始めました。
すっかり愛液で溢れかえった彼女のマンコはすでにグショグショに。
舌先で割れ目をなぞりながら、溢れる愛液を吸っていきました。
やがて舌先はクリトリスに到達。転がすように愛撫していくと更に溢れる愛液。
程よく濡れた割れ目の間に、指先を押し込んでゆくと灼熱の熱さを感じました。
指を出したり入れたり、Gスポットを弄ぶように彼女の反応を確かめました。
激しく感じているのか、カラダは硬直し仰け反るように反応していきました。
ついには私に抱き着いて、力任せに背中に爪を立てる彼女。
叫ぶような喘ぎから、マンコから激しく噴き出してゆく愛液。
脱力して茫然自失の彼女。指をくわえてまるで赤ん坊に帰っているかのようでした。
私はまた彼女を気遣いながら、優しく抱き寄せました。
安心したのか目を潤ませながら私にキスを返しました。
数秒間二人に無言の時間がながれましたが、落ち着きを取り戻すには十分でした。
再び彼女にキスをすると、私はまたマンコにクンニを始めました。
なでるように舌先でゆっくりと舐めると、再び湿り気を帯びた彼女のマンコ。
やや勃起が落ちていたので、69の態勢でお互いの性器を舐め合いました。
私のペニスは再び力を取り戻し、コンドームを装着。
愛液に溢れた彼女のマンコに正上位でゆっくりと挿入。
さっき指先で膣内の灼熱を確かめましたが、私のペニスにも灼熱が伝わってきました。
彼女の膣の程よい締まりとビリビリと熱い刺激が脳天を刺激しました。
ピストンを始めはゆっくりとでしたが、徐々にスピードを上げていきました。
私の目線の先には喘ぐ彼女の姿がありました。
ピストンを激しく突くたびに声色のトーンが変化してゆきます。
今度は態勢を変えて騎乗位で彼女が上になりました。
快感なのか彼女は自ら腰を激しく動かしピストンしていきました。
そのたびにベッドは激しく揺れ軋んでいきました。
ピストンだけでは飽き足らず、彼女はグリグリ押し付けるように腰をグラインド。
彼女はそこからくるりと体を回転させ背面騎乗位で突いてきました。
ビチャビチャと音を立ててペニスがマンコに挿入されているのがよく見えました。
騎乗位から私は体を起こして、対面座位で彼女の体に抱き着き乳房に顔を埋めると
そのまま乳首に激しく吸い付いていきました。
彼女は天井を仰ぎながらいやにも増して、ピストンを繰り返していき
硬直した体で私の背中の力強く爪をたてました。
尽きない二人は、ベッドから降りてゆくと
彼女の腰を突き出すようにして壁に体重を預け、立ちバックで挿入
再び私のペニスは彼女の灼熱の中へ吸い込まれました。
激しく後ろから突いてゆくと、いままでにない喘ぎを上げる彼女。
呼吸困難になりそうなくらい、ハードプレイに私も彼女も息が上がっていました。
既にお互い無我夢中で体の熱量は上がる一方で汗が迸りました。
激しいバックの後は彼女をソファに横たわらせ、正常位から再び挿入。
ソファは激しく軋み壊れそうなくらいのピストンを繰り返す私。
時々ピストンを止めて優しくキスをしてお互いを確かめ合いました。
強弱を繰り返しながら、また時々乳房や乳輪も愛撫してゆくと
彼女の握った両手にググッと力が伝わったとき絶頂を予感。
私もペニスの快感がピークに達していました。
お互いアイコンタクトで確かめあい、ピストンを更に早めると
彼女の膣が私のペニスを強烈に締め上げた時
ドクドクと精子が膣内で発射されるのが分かりました。
彼女はガックリと体の力が抜け落ち、放心状態となりました。
私は彼女の体に被さるように持たれながら、それでも優しく気遣いを忘れませんでした。
髪を優しくなで上げて、軽いキスを数回繰り返しました。
放心状態だった彼女も我を取り戻したのか、いつもの無邪気な笑顔に戻っていました。
お互い動く事もできず、しばらくはこのままの態勢でした。
ようやく私がペニスを膣内から抜くと、彼女は目を潤ませながら私に抱き着いてきました。
久しぶりのセックスだったようで、ここまで気を遣ってくれた男性は初めてなのだと。
そのあとは満足げに二人でソファに座ってゆっくりとタバコを吸いました。
お互いの距離がまたさらに近くなったのか時々合間にキスしたりしました。
ゆっくりとシャワーでお互いの体を洗い流し、体を寄せ合いました。
気づけばもうホテルに3時間以上は滞在していました。
楽しいかった時間もあっという間に過ぎていきました。
チェックアウトを済ませ再びドン・キホーテの駐車場へ。
帰りの車内でも無邪気にはしゃぐ彼女に愛おしさを感じました。
とても名残惜しかったのですが、最後は抱擁と熱いキスで別れました。
その後、彼女とは数回同じホテルで逢瀬を重ねました。
残念なことに仕事の関係で茨城に行く事が無くなってしまい
徐々に彼女とは疎遠になっていってしまいました。
私にとって今まで出会った女性の中で1番ではないかと思っています。

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

ワクワクメール体験談 まとめ

読者へのメッセージ
やはり出会うために大事なのは自信ではないでしょうか。
自信過剰になる必要はありませんが、意外と女性は容姿で男性を選んでいないと思います。見た目で太っているとか、顔が悪いのではというのはあまり女性は重視していないと思います。ただ、体が臭いとか汚いというのはNGで不潔なのが一番ダメ。そんな男性に抱かれたいと思う女性は皆無です。やはり女性と接する上では常に清潔感は保ちましょう。
昔に比べれば出会い系サイトやマッチングアプリの普及で出会いのチャンスは大きく増えています。路上ナンパも必要ないので、出会いが欲しいならこれを利用しないのはとてももったいないと思います。騙されるのでは?と躊躇される方も多いですが、正しい使い方をすればこれほど便利なツールはありません。お金もかかりますが、先行投資と考えれば月額数千円は安いです。
最後に最も大事なのは女性への気配り気遣いです。女性に「私が一番大事にされている」と思わせる事でより男性への信頼感を高めてくれます。最初のファーストコンタクトからエッチに至るまで、気配り気遣いで褒めてあげる事が一番です。女性は自分の事を話したいのです。「ネイルきれいだね」や「髪型かわいいね」とか褒めてあげる事。またしっかり聞き手に回ってうんうんと聞いてあげるだけでも十分です。
まだまだ書き足りない所はたくさんありますが、以上の事を踏まえればほとんどの女性は男性に振り向いてくれると思います。ぜひ頑張って下さい。

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/


安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)