ミスコン出場経験あり、神戸の女性保育士がマッチングアプリに登録してみた!

omiai 体験談

ちょっとしたファッションイベントのミスコンにも出たことがあり、特別綺麗なわけではないが、ある程度は男性に声を掛けてもらっていた。大きな声で言うと反発を買うかもしれないが、少しはモテていたはず。そしてそれなりに恋愛をしてきたはずが、30代目前に相手がいない現実に気付き焦だした。
しかし、保育士という事もあり周りは女性だらけ、出会う男性は保護者(既婚者)ばかり。
20代はよく合コンに呼ばれたけれど、20代後半からはめっきり呼ばれなくなってきた。
そんな時に、最近よく男性と出掛けている同期に聞いてみたら、「マッチングアプリに登録してみたの。」って。
周りに聞いたら意外と登録している人の多さにびっくり。という事で私も「omiai」というアプリに登録してみました。

「私が求めた条件」

 それなりに恋愛をしていたはずが、どうして結婚せずに今まで独身だったか。
保育士ってちょっと頼りない人、いわゆる“ダメンズ”に惹かれてしまう傾向が強いようで私もその一人。アルバイトだったり、すぐに会社と喧嘩をする人だったり、将来性が見えない人が多かった。
 そして、私のダメなところが押しに弱いところ・・・。どうしても対面してしまうと情が出てしまい流されやすくなってしまう。
 その点、マッチンングアプリの良いところは情が出る前にある程度の情報を得られるところ。
 今度こそは、慎重に探すと決めました。
 私が、求めた条件はこちら。
・住んでいるところがある程度近い。
・年齢的に、結婚を視野に入れている人。年上希望。
・仕事に対して真面目な人。仕事収入が安定している人。
・写真を見た時の清潔感。
でした。

将来の設計をある程度見通しながら、相手を探せるのがマッチングアプリの良いところですね。

「メッセージは待つ派?送る派?」

 マッチングアプリに登録してみると、出会いを求めている人の多さにびっくり。
 こんなに出会いを求めている人がいるのかと思うと、アプリに対して前向きになりました。初めは、操作もよくわからず男性からのメッセージ待ちで様子を見ていました。自分からメッセージを送ることに恥ずかしさと、断られたときどうしようという気持ちが勝っていました。
 そんな時に、紹介してくれた同期と話していて、「男性は自分から送るには制限数あるから、気になったらこちらから送ったほうがいいよ」「私は自分から結構、送っている」との情報を得ました。
 男性側のアプリ事情を知らなかった私は「目から鱗」。そりゃ、よっぽどいいと思わないと渋るわけだ。と私からガンガン送ることに。
 断られても気にすることなく送ることで、たくさんの人とアプリ内でマッチする事が増えました。
回数制限が掛かっている人もいたようでした。
 女性から送ってくるからと言って決してサクラや詐欺ではないという事ですね。(笑)

「嬉しいメッセージ。困るメッセージ。」

 メッセージをやり取りする中で、嬉しいメッセージは、プロフィールをよく読んでくれている人でした。趣味の話を自然とふってくれる人や共通の話題で盛り上がる人とは、メッセージをやり取りしていて嬉しかった。まめな人には、毎日何通かやり取りしてくれ、毎日のちょっとした楽しみになっていました。逆に困った人は、見た目で決めたのか、プロフィールの内容を全然読んでない人。「それ、書いていたけど」「求めている人と違う」と思うと返信もそれだけ適当になってしまいます。また、返信が遅い人もとても困りました。仕事や、他の方とのやり取りをしていて忙しいのかもしれませんが、3日に一回などのペースで返信されると、「この人ってどんな人だっけ?」「なんの会話の流れだったかな?」とわからなくなってしまいます。会ったことのない分、その人の印象は、文章やメッセージの内容からしか得られないので、初めのやり取りが会うか、会わないかの基準になりました。

「33歳大阪の営業マンに会ってみた」

 初めてあったのは、大阪在住の保険の営業マン。土日は仕事の事が多いらしく平日の仕事終わりに大阪で食事する事になりました。メッセージもそれなりにやり取りしていて年齢、職業、住んでいる場所、真面目な印象がよく会う事にしました。お店も予約してくださり、おしゃれな居酒屋のカウンターで食事する事に。会った時の印象は『普通のサラリーマン』可もなく不可もなくという印象でした。カウンターに座り、ドリンクやメニューを注文して会話が始まりました。お互いの仕事の話やプライベートな話をして会話は弾みましたが、なんとなく面白くない。会話をしていても相手を立てないと気を使ってしまいました。初めて会ったので、気を遣うのも当たり前かも知れませんが、一緒にいて落ち着かなかったです。会話も進むにつれ、「美人だね」「また会おうね」と何度もおっしゃってくれました。褒められると悪い気はしないので、嬉しく思いながら会話を続けていくと、「そうだ」と何やら鞄をごそごそ。「これよかったら今日の記念に」と百貨店の地下に売っているような1粒500円ぐらいの苺が出てきました。苺が大好きでプロフィールにも書いていたので、そこを見ていてくれた事も嬉しく一気にテンションが上がりました。そこで彼の印象は「真面目で気を使わなければいけない人」から「大好きな苺をくれるいい人」に格上がりしました。そのあとも少し会話し、居酒屋を出ました。駅まで送ると言われて歩いていたのですが、少し歩いたところにあるカフェに入ろうと誘われました。正直言って初めての相手と気を使って食事した為、早く帰りたかったのですが、食事もおごってもらい、高級苺も貰っていた為、断りづらく「少しなら」とカフェに入りました。そこで相手も気を許したのか、とにかくアピールがすごかった。「こうしたら人って好きになるらしいよ」といったモテるテクニックを話しながら実践しようとしていました。仕事終わり、慣れない人との食事にずっと気を使っていて、最後にこの会話の内容。「早く帰りたい」が頭の中をぐるぐると回っていましたが、最後まで笑顔で乗り切りました。結果、彼とはもう会いませんでした。理由は、気をつかってしんどい相手だったから。結婚を前提にした出会いを求めていたので、この人とずっと一緒にいるのは、疲れると思ったからです。居酒屋の時点で帰っていれば、また会ってもいいかなと思っていたのに。初めて会う相手とは、ちょっと物足りないぐらいで別れたほうが、次に繋がるのかもしれませんね。

以上が、私が初めてマッチングアプリに登録して、初めて会ってみた時の感想です。この後も、いろいろな人とメッセージをやり取りしたり、実際に会ってみましたが、今の彼氏と出会うにはまだまだ先のお話です。


安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)