Pairsでかわいい年下彼氏ができた!出会いから告白まで【兵庫県】

ペアーズ体験談

 社会人3年目で仕事にも慣れてきた私(25歳)は、そろそろ彼氏がほしいなあと考えていました。しかし大学2年生のとき以来彼氏ができていなかったこともあり、
恋愛の仕方すら忘れているという状況でした。

始めてマッチングアプリに登録

 私がずっと悩んでいたのは出会いがないことです。
ただでさえ社会人になってから出会いの場が少なくなったというのに、
新型コロナウイルスの流行により会食や飲み会の数も減ってしまい、
出会いの場はもっとなくなりました。
そんな時、インスタグラムの広告で目に留まったのが
マッチングアプリ・Pairsでした。
友達の中にはマッチングアプリを利用して彼氏ができた子はいましたが、
自分がすることについてはなんとなく気が引けていました。
ネットで会った人って本当に信じられるのかなという不安があったからです。
しかし今はそんなことを言っていられないくらいに出会いがない状況。
私は半信半疑のままマッチングアプリをダウンロードしました。
始めて登録しましたが、特に難しい作業はなく簡単に登録することができました。

同じ兵庫県内に住む年下男性とマッチング

 仕事の忙しさもあり、マッチングしてもなかなかメッセージの返事を返せない日々が続いていました。
2週間ほど経った土曜日の昼間、時間があった私はPairsを開いて複数の男性とやりとりをしていました。
そのときいいね!を送ってきてくれた男性がのちに私の彼氏となる相手でした。
彼は私の4つ年下で、兵庫県内に住む大学生。
最初の印象は正直、
「大学生か…若いなあ」
くらいにしか思っていませんでした。
その日は彼も休みだったらしく、やりとりがコンスタントに続きました。
数十件やりとりが続いたところで、
彼が「時間があったら電話しませんか?」
と誘ってくれ、私たちは出会ったその日に通話をすることに。
メッセージでは敬語だったからか堅苦しい感じでしたが、話してみると意外とおもしろい子で、年下だからかかわいらしくも感じました。
年下と付き合った経験のなかった私は、なんだか新鮮な気持ちで、
気が付いたら1時間以上も話していました。

三宮で初デート

 初めての通話から1週間が経った土曜日の夜、三宮で彼と初ディナーに行きました。
雰囲気のいいカフェ風の居酒屋で、お酒を飲みながら楽しく会話しました。
お店を出てから少し散歩をしようということになり、私たちはメリケンパークまで歩いて向かうことに。
その道中で、彼は私の手を握ってきました。初めはびっくりしましたが、
お酒が入っていたこともあってか私もすぐに握り返していました。
手を握ったままメリケンパークに到着した後、
しばらく夜景を見ながら話していましたが、
彼の終電が近づき、名残惜しい気持ちのままお別れしました。
ラインを交換したため、この日を境にマッチングアプリのメッセージからラインに切り替え、別れた後もライン通話を何度か重ね、ささいなことも話し合う仲になりました。

2回目のデートで告白

 その後なかなか予定が合わず、彼と次に会ったのは3週間後でした。
彼はしびれを切らしたかのように、別れ際に告白してくれました。
私も年下の彼のかわいらしさに日に日に惹かれていくことに気が付ていたため、
すぐにOKをしました。

Pairsでかわいい年下彼氏ができた!出会いから告白まで まとめ

年下なんてと思っていた私が、今では彼の魅力にハマってしまっている毎日です。
出会いがないと嘆いていたころから考えると、なぜもっと早く勇気を出して登録しなかったんだろうと後悔するくらいです。
こんなご時世で、生きづらさを感じる毎日ですが、素敵な出会いもあるんだと少し前向きになれています!あなたも少し視野を広げて、新しい出会いを探してみませんか?

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)