一度は諦めたアプリでの出会い!withで恋人が出来た理由は?

With体験談

マッチングアプリを始めたきっかけは、昔の失恋を吹っ切りたかったからでした。
「この人と結婚したい!」
と思っていた男性と別れて、1年が経っていた頃です。
恋愛の始め方も分からなくなっていたとき、同じ部署の上司が結婚したというニュースを聞きました。
詳しく話を聞くと、なんと、マッチングアプリの「with」で出会ったとか。
「私もこれで恋人を作る!」
と決め、アプリを始めました。

最寄駅が同じだった彼との出会い

彼と会ったのは、始めてから半年が経った頃でした。
それまでに沢山の男性と出会い、中には複数回会った方もいましたがお互いの価値観が合わず、結局、付き合うには至りませんでした。
そんな日々が続くと、マッチングアプリ自体に少し疲れて、しばらくアプリを開かなくなりました。

そしてある日、ふとアプリの存在を思い出しました。
そして、何となく、1ヶ月ぶりにログインしてみたのです。
自分のプロフィールを何となく見てみると、自分が使える「いいね」がたくさん溜まっていることに気づきました。

私は、今まで、「いいね」をしてくれた人の中で好みの男性を選んでいました。
しかし、せっかくこんなに「いいね」が貯まっているのだから、今日は私から「いいね」を押してみよう。
そう思い、私から何人かに「いいね」をしてみました。
その中の一人は、すぐに「いいね」を返してくれ、メッセージのやり取りが始まりました。

彼を選んだ一番の理由は、家が同じ駅だったからです。
正直、写真はイマイチでしたが、趣味の登山を楽しむ姿が写っていて、
「悪い人じゃなさそう」
と思ったのです。

そして、その翌日。仕事を終えて家に帰る途中、ふと、
「今日は人と食事をしたい」
と思いました。
時間は19時すぎ。
何人か声を掛けられそうな友人を思い浮かべましたが、あいにく、みんな私の最寄り駅までは小一時間かかる距離に住んでいます。

「サクッとご飯が食べられる人、いないかな…。そういえば、昨日やり取りを始めた彼は、この近くに住んでいるんだっけ」

そんな軽い思いつきで、彼とのメッセージを開きました。
実は、既に、お気に入りの本を貸してくれるという話になっていたのです。
その日程調整をしている途中でした。

「本、ありがとうございます!実は、もう家の近くまで帰ってきたので、今日でも大丈夫ですよ〜。もし都合があえば!」

そんなメッセージを送信すると、すぐに彼から返信がありました。

「本当ですか!仕事切り上げます。」

そして、30分後にこのお店で、とお店まで指定され、スルスルと初めて会うことになったのでした。

当日の様子

指定されたお店に着くと、彼がお店の前に立っていました。暗闇の中だと、表情がよく見えません。中へどうぞ、と案内され、ついていきました。

正直にいうと、最初の時点では、若干、後悔もしていました。私から誘って、がっついていると思われたかな。そして、彼も仕事切り上げてまで来るって、出会いに本気すぎない…。

ですが、カウンターに座り、会話が始まると、その後悔は消え去りました。今まで出会った男性と段違いに話しやすかったのです。そして、仕事の話を振ると、楽しそうに、その仕事がどんな内容で、何が面白いのかを語ってくれたのです。

マッチングアプリに疲れていた私は、会う前に決めていたことが一つありました。
今日会う人がどんな人でも、まずは会話を楽しもう。
楽しくなかったら、無理せず帰ろう。
その人と恋人になろうというより、その人のことを知って、気が合えば友達から始めよう、と。

そんなことを考えていたら、面白いものです。
彼とは抜群に気が合い、話も盛り上がりました。
正確にいえば、私はずっと話を聞く側でした。
けれど、それがとっても楽しかったのです。

2時間近く話した後、お会計にしようか、という流れになりました。
会計は、6,000円。
財布を取り出そうとすると、
「今日はたくさん喋らせてもらって楽しかったし、俺が出すよ」
と言われました。
楽しい時間だった上に、奢ってくれるなんて。
思わず、
「やった!」
と喜んでしまいました。

その後、私の家の近くまで送ってくれ、ラインを交換して別れました。
そして、初めてのデートから2週間後、私たちは付き合うことになったのです。

一度は諦めたアプリでの出会い!withで恋人が出来た理由は?まとめ

マッチングアプリを始める皆さんに伝えたいのは、自分からアクションを起こしてみる大切さです。
アプリには、たくさんの異性がいます。
何人か会ううちに、もしかすると、ガッカリするようなことが起こるかもしれません。
けれど、アプリの世界はとても広いです。
数万人と登録している異性のうちの、ほんの一部としか、まだ出会っていないのです。

私も、アプリに疲れて、もう辞めようと思う日もありました。
しかし、そこで全てを消してしまうのではなく、もう一度始めてみました。
そして、自分から「いいね」を送り、デートに誘ってみました。
そうした行動を起こすことで、自分と気が合う人と出会うことができ、幸せな日々を過ごせているのだと思います。

これからアプリを始める皆さん。
ぜひ、失敗しても立ち上がり、どんどん行動してみてください。
その先に、未来の恋人が待っていますよ。

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)