ペアーズで出会った兵庫の30代バツイチ×子もちの彼! 私が「会おう」と思った理由

ペアーズ体験談

私は30代の「仕事大好き」人間です。
なかなか恋愛を頑張る気になれず、でも周りはどんどん結婚・子供を出産…。
よくある典型的な焦りや不安を感じ初めていました。

そんな中思い切って始めたマッチングアプリ、「ペアーズ」。
思っていた以上に沢山のイイネを頂ける中、ようやく”この人に会ってみよう”と思えたのは、
「バツイチ×子持ち」の30代男性でした。

30代バツイチ×子もちの男性との出会い体験談

マッチングした理由

私の生活はいつも決まっていました。
仕事が終わって帰り着くのは21時。
疲れて帰ってきて、炊事・洗濯・お風呂…そんな決まった毎日を過ごしていました。
そんな日々、ペアーズを初めてからは、毎日の就寝前にスマホを見るという習慣がプラスされました。

「メッセージもあまり続かないなぁ…」

と、だんだんと熱がさめて来ていたある日、ある一人の男性からイイネが入ってきました。
プロフィールを読み進めていると、”バツイチ”の文字が。
正直、バツイチに抵抗があった私は、”ん゛~…”と思ってしまいました。

それでも、マッチングをした理由は、彼の自己紹介文に書いてある正直な言葉があったからです。
そこにはこんなことが書いてありました。

「バツイチはあまり良いイメージがないですよね。
だからこそ、もしマッチングしていただけたら、しっかりと信頼関係を築いていけるように、沢山お話しできならなと思っています。」

この最後の文が、イイネをお返しする後押しになってくれたのです。
その文章から、”真剣に恋愛がしたい人””誠実に向き合ってくれそうな人”、そんなイメージを持てたからです。

彼から来た初めてのメッセージ

「マッチングありがとうございます。
笑顔が素敵だなと思ってイイネを押させて頂きました。」
30代、バツイチ子持ちの彼からのメッセージは、そんな文から始まりました。

「えーそんな風に言ってくれるなんて、嬉しいなぁ!」
と、1通目からテンションが上がった私。
なんて単純な自分なんだ…と笑いながらも、本当に嬉しかったんです。

ありきたりな、「なんて呼んだらいいですか?」「どこに住んでいるんですか?」なんて質問より、100倍素敵なやり取りのスタートでした。

仕事を頑張った後のご褒美ができた

そこからは毎日、仕事が終わるのが楽しみになっていきました。
炊事・洗濯・お風呂…彼とのメッセージのやり取り。

「今日も1日、お疲れ様!」
「今日の仕事どうだった?」
「暑かったけど体しんどくない?」
「あと1日頑張ったら休みだねー!ファイト!」

なんて、その日の仕事の話や、たわいもない話を沢山続けることができました。
それはきっと、彼が私の仕事を理解してくれて、興味をもって聞いてくれていたからだと思います。
そして何より、私の頑張りを労ってくれて、ポジティブな言葉がけを沢山してくれました。

プロフィール通り、誠実なやり取りを続けてくれる彼に、どんどん惹かれていったのです。

とうとう誘われた日

「そういえば、珈琲が好きだったよね。
新しくできたカフェがあるみたいだから、一緒にいかない?」

とうとう、そんなお誘いのメッセージを頂きました。
私の心臓は一気に早くなりました。
嬉しい気持ち半面、やっぱり不安な気持ちがありました。
ペアーズを通して実際に人に会うのは初めてだったからです。
でも、メッセージで沢山のやり取りをする中で、優しさや誠実さを感じていた私はすぐに、「行きたいです!」と返事していました。

彼はしっかりとリサーチしたお店のURLを送ってくれて、私のスケジュールに合わせて週末に予約を入れてくれました。
これは後から聞いた話でしたが、「最初はお昼のほうが不安じゃないかな」と考えて、お昼間のお誘いをしてくれたそうです。

出会い系体験談 まとめ~恋愛も、諦めたらそこで試合終了です

結局、バツイチ・子持ちの彼と会うまでは、そんなに時間がかかりませんでした。
やり取りを沢山して行く中で、不安に思っていた要素は気にならなくなりました。

もし、これを読んでくれているバツイチ子持ちの男性がいるんでしたら、伝えたいことがあります。

自信をもって、婚活してください。

きっとそんな経験も、強みになるんじゃないでしょうか。
彼を通して、そんなことを思いました。

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)