Omiaiで出会った3つ上の彼との体験談です。超タイプで私から猛アタック!!

omiai 体験談

tappleやPairsといった有名どころのアプリに登録していた私ですが、なかなか好きになれる人が現れず、友人の勧めでOmiaiに登録をしました。そんな私がOmiaiで出会ったW君は、3つ年上の犬顔。昔から犬顔が大好きな私は、写真を見ただけで「いいね」を返しました。私の理想をそのまま絵にかいたような犬顔だったW君は、私がマッチングアプリを始めてから一番かっこいいと思った男性でした。見た目より中身が大事とはわかっているものの、自分のタイプの顔に会う機会が少なかった私は、絶対にW君とデートに行こうと決めました。
お決まりの挨拶と自己紹介を終え、「お酒を飲むことが好き」という共通点を持っていた私たちは、早速お酒の美味しいお店に行くことが決まりました。

マッチングアプリで出会った中で一番タイプ

初めて会った時、やはりW君は理想通りの犬顔でした。私はかなりテンション高めで、W君の予約してくれたお店に入りました。W君はかなり緊張しているようでしたが、お酒が進むにつれて色々なことを話してくれるようになりました。仕事に熱心な人が好きな私は営業の仕事について熱く語るW君が輝いて見え、その時点で彼を好きになっていました。2軒目もW君がよく行くらしいとてもオシャレなお店に連れて行ってくれ、終電ギリギリまで一緒にいました。W君はホテルに誘ってくることもなく、私が電車に乗るまでその場を離れず手を振って見送ってくれました。その紳士的な態度がかなり好印象で、私はますますW君が好きになりました。その後、お礼の挨拶と次のデートの約束をしました。そのような流れで3~4回はデートをしたと思います。
何回かデートをしましたが私の気持ちは変わることなく、思い切って私から「W君のこと好きだよ」と伝えましたが、W君は笑って「じゃあ次もまたデートしてほしい」と言いました。
 そのあとのデートもいつも通りW君がオシャレなお店を予約してくれました。私はこの間の告白の結果について、W君からなにか発言があることを期待していましたが何もなく。結局お店を出るまでその話にはなりませんでした。正直、こういうのは男性がリードするものだと思っていた私は、かなりがっかりして自分から聞くこともできず、いつものように次のデートの日にちを決めて解散しました。

叶わぬ恋

 もやもやの残った状態で家に帰った私は、冷静な状態になって考えてみてもW君が何を考えているのかが本当にわかりませんでした。遊び人というわけでもなく、身体目的というわけでもない。告白の返事はしないのに、デートに誘ってくる。どれだけ考えてもW君の考えていることはわかりませんでしたが、このままデートを続けても発展はしないんだろうなと思った私は、4回目のデートをキャンセルしてそれ以降連絡を取るのをやめました。その後、W君からも連絡がくることはありませんでした。

ポジティブシンキング

こうしてハッキリしないまま振られてしまった私でしたが「もう少し粘っていたら」と思ったことはありません。
今までの私は、過去の恋愛をかなり引きずるタイプでしたが、マッチングアプリを続けていたおかげか「まあいいや、また出会いはある」と次に進めるようになっていました。
恋愛において私が一番重要だと思うのは、ポジティブシンキング。そしていちいち落ち込まないこと。マッチングアプリにおいてもそれは同じだと思います。何回も振られて当然。多くの出会いがあるのと同じくらい、多くの別れがあるんだと思います。別れを恐れずに「次いこう、次!」の気持ちでマッチングアプリに取り組んでみてほしいと思います。

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)