Pairsで友達みたいな仲良し彼氏ができた!

ペアーズ体験談

 大学2年生の私は、まだ人生で一度も彼氏ができたことがありませんでした。
大学に入れば自然にできるだろうと思っていましたが、気が付けば何事もないまま大学生活2年目が終わろうとしていました。
このままじゃまずいと思っていても、なにもできずにいた私が出会ったのはマッチングアプリでした。

友達に勧められ、ノリでマッチングアプリを始める

 私は中学生の頃からアニメや漫画が好きで、いわゆる「オタク」です。
自分に彼氏ができないのはきっとそのせいだろうと思ってはいましたが、
好きなものなのでやめることもできず…。
半ば諦めかけていた時、オタク仲間の友人から彼氏ができたという報告が。
何かの冗談かと思いましたが、インスタグラムでは仲睦まじそうにツーショット写真を披露していました。
その友人も彼氏ができたことがなかったと聞いていたので、
私はびっくりしてどのようにして彼氏ができたのか尋ねました。
すると友人はPairsというマッチングアプリを紹介してくれたのです。
マッチングアプリなど全く興味がなかったので少し抵抗はありましたが、
思い切ってダウンロードしてみることにしました。

共通の趣味を持つ複数の男性とマッチング

 Pairsでは、自分の好きなものや興味のあることをあらかじめ登録でき、
共通の趣味を持つ相手とつながりやすい仕組みが作られています。
私も自分の好きなアニメや漫画をいくつか登録してみました。
するとすぐに私と同じ趣味を持つ複数の男性とマッチングすることができました。
好きなものが同じなので会話に困ることなく相手のことを知ることができ、
とても楽しいやりとりでした。
その中でも私と同じ神奈川県在住で、同じく大学2年生の男性とは会話が弾みました。
最初はアニメの話から始まり、少しずつお互いのプライベートな事柄も話すように。
彼自身もあまり恋愛経験は豊富ではないと言っていましたが、気さくな感じで明るい印象で、とても話しやすかったです。
男性とそこまで深い話などしてきたことがなかったため、
少し戸惑いもありましたが、なぜだか彼には自然と自分自身のことも話せました。
また、同い年ということもあり、初めから距離感の近さを感じていました。
タメ口で話したり、冗談を言い合えたりしたのも、
同い年だったからだと思います。
メッセージのやりとりだけではなく、通話なども通して、彼とちょっとずつ距離を縮めていきました。

川崎のイベントにて

 川崎であったイベントで、彼と初めて会いました。
午後13時からイベント開始だったので、現地集合してすぐにイベントに参加しました。初めて彼に会った時の印象は、メッセージや通話の時と感じた印象とあまり変わらず、明るくて話しやすい感じでした。
イベント中はアニメや漫画のことを中心に話し、終わってからはカフェに行くことに。
道中もイベントのことで話が盛り上がり、ずっと二人で興奮していました。
カフェについてからはアニメだけではなく、自分たちのことも話し、
もっと距離が近くなったと感じました。
普通のデートとは少し違いますが、お互いの好きなことなので気まずくなることもなく、楽しく過ごせました。

横浜で夜景を見ながら告白

 その後はランチデートやディナーデートを数回繰り返しました。
初めはアニメの話題から始まった私たちでしたが、
次第に私たち自身のことを話すようになり、デートをするたびにお互いのことが分かってきたように思います。
マッチングアプリで初めて出会った日から約2カ月、横浜の山下公園で夜景を見ながら彼は告白してくれました。
私も彼とは異性と思えないくらいに距離が近く、
なんでも話せる相手になっていたので、断る理由などありませんでした。
恋人という関係だけではなくて、まるで親友のような仲の良さが私たち二人にはあります。もう彼氏なんかできないと諦めかけていた私にも、こんな素敵な彼氏ができました。
あなたも諦めずに、新しい出会いを探してみませんか?


安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)