タップルで出会った同い年の男性との体験談! デート初日でカレカノに!!

タップル体験談

私がマッチングアプリを始めたわけ

わたしは名古屋に住む22歳の社会人です。
なぜ、マッチングアプリを始めたのか、その経緯をお話します。
始めた理由は、すばり!! 「出会いがない」から。

最後に付き合ったのは中学3年生の時で、今の彼に出会うまで約7年間、彼氏がいませんでした・・・。

高校は女子高に進学したため、もちろん出会いはありません。
専門学校に進学したときは、久々の共学でドキドキでした。
「もしかしたらステキな彼が…!!」と、淡~い期待を持っていましたが、あっけなく人生最後の学生生活が終了・・・。
社会人になって、同じ会社の先輩でいい雰囲気の人がいたんです!
が、先輩は会社を辞め、連絡が途絶えてしまいました。
そして残るのは、冴えないおじさんや既婚者の方ばかり・・・。
もう出会いの「で」の字もありませんでした。オワタって感じです・・・。

そんなある日、高校の時からの友人からとんでもない報告が。
友:「マッチングアプリで出会った人と付き合うことになった!!」
私は「よかったじゃん!おめでとう!」と思う反面、「え…、男嫌いだったあの子に彼氏が…? どうしよう…。」と焦りまくりました。

今の現状を考え、社内恋愛は到底無理。友達からの紹介もうまくいかない。
それなら自分から出会いを求めに行くしかない!!
と思い、その友人にマッチングアプリのあれこれを教えてもらい、抵抗しかなかったマッチングアプリを登録しました。

彼とマッチングしてから

マッチングアプリを登録して何人かとメッセージのやり取りをし、4人の男性と会いました。
でも、身体目的だけの人や、ご飯行ってその後は音沙汰なしという人ばかりでした。
やっぱダメか・・・。
と諦めかけていましたが、焦らずゆっく~りと続けていました。

そして、私の人生の転機となった、彼とマッチしたのは、今年の1月でした。
いつも通り何気なくアプリを開いてマッチして、メッセージのやりとりをしていました。
やりとりの中での彼の印象は、トプ画がかっこいい、ちゃんとメッセージを返してくれる、音楽の趣味が合う、といった感じです。
会話も弾み、お互いもっと仲を深めたいということでLINEの交換をしました。

LINEのやりとりは毎日。
普段のわたしなら2~3日、ひどいときは1か月近く返事をしないのですが、彼からのはなぜが毎日必ず返していました。
なんなら、LINEがくるのが少し楽しみでした。

LINEを初めて2週間たったころに、「今度電話でいろいろ話そう!」ということになり、電話をすることになりました。
ついに彼との電話をする時間が近づいてきましたが、なぜかそこまで緊張はしませんでした。毎日LINEをしていたからでしょうか?

いざ彼と話してみると、電話口での彼の雰囲気は、私が思っていた通りの人でした。
LINEでやりとりをしていた通り明るくて面白い人。そして、声がタイプ・・・。
電話での会話は、好きなアーティストとか、食べ物とか、仕事の話とか、自分のタイプとか・・・。
他愛もない話をして、初めて喋るのに2時間も話してしまいました…笑
すごく楽しくて終始笑いっぱなしで、時間が過ぎるのがあっという間でした。
ですが彼の次の日の仕事が早番だったので、泣く泣く電話を切ることに。
そしたら、彼が
彼:「また明日時間あったら電話をしたい!」
と言ってくれたのです!
その言葉がすごくうれしくて、もちろん次の日も電話をすることに。

2回目の電話も安定に楽しくて、また気づいたら2時間の電話。笑
すると彼が・・・。
彼:「今度どっか遊びに行こ!」と!
誘ってくれてすっごくうれしくて、早く会いたい気持ちでいっぱいでした!!
いざ、どこに行こうかという話になったとき、映画館? ショッピングセンター? アウトレット?初めて会う場所だから色々悩みました。

全然決まらないので、冗談でこんなことを・・・。
私「どうする? もう、県外行っちゃう?笑」
彼:「いーじゃん!!県外行こ!俺、車あるから運転するよ!」
まさかの乗り気の彼。笑 しかも彼が車を出してくれるとのこと。
でも、なぜか不安とか怖さはありませんでした。
私の危機感がないだけ? 今まで4人ぐらいと会った経験があるから?

なぜか不思議と彼に安心感があったのだと思います。
むしろ「この人と遠出してみたい!」と思いました。
こうして、私たちは電話した1週間後に京都へ遊びに行くことにしました。

彼と京都デート

京都日帰り旅行当日の朝、事件が…。

わたしが寝坊してしまったんです…。
前日、まさかの残業で仕事が終わったのが深夜2時。
そして、寝たのが早朝頃、前日の仕事で疲れ切って爆睡・・・。
起きたら9時。予定では8時半に起きる予定だったのに・・・。
マッハで支度しても15~20分は遅刻してしまう。
以前電話したときに彼が「時間はしっかり守る人がいい!あまりルーズすぎるとちょっとな~。」と言っていました。
やばい。会う前から印象がマイナスだ・・・。
でもとりあえず彼に寝坊したことを謝る連絡をしました。
そうしたら「夜遅くまでお疲れさまだったね!ゆっくりおいで!」と。
なんと優しい!!!
めちゃくちゃ焦って思考停止していましたが、彼の優しさに救われました・・・。
急いで支度をして、待ち合わせ場所に向かいました。

いざ彼と初対面。
印象は、え、写真よりかっこいい。しかも背高い。なんかいい匂い・・・笑。
よく写真詐欺ってあると思うんですけど、まったくありませんでた。
むしろ、実物のほうがいい!!(アプリに登録する写真って大事だな…。)

そんなこんなで無事合流し、彼が運転する車で京都へむかいました。

名古屋から京都まで約2時間半。
移動中、気まずい空気が流れるのではないかと少し不安でした。
ですが、お互いのことについてさらに話したりして、とにかく楽しかったです。
もっと彼のことを知れた気がしました。

京都に着き、お互いの行きたいところへ出かけました。
お寺に行ってお参りしたり、2人で1枚の絵馬に仲良く書いたり、おいしいものを食べたり・・・。
一緒に時間を過ごすことで彼の優しさやノリの良さがさらに感れました!

私は写真を撮るのが好きなので、きれいな景色があると彼が「ここめっちゃきれいだね!写真撮ろ~!」って言ってくれました。
風景写真はもちろん、ツーショットも撮ってくれました。
いくら毎日LINEをしているとはいえ、会って初めてのときに一緒に写真撮るのは引かれちゃうかなと思い、「一緒に撮ろ!」となかなか自分から言い出せませんでした。
でも、相手から積極的に言ってくれるとすごくうれしいし、ツーショット写真を撮っただけなのに、急に親近感がわいてきました。
写真を撮るのも大事ですね。

そして、あっという間に夜になり、帰る時間。

車に乗り込み、よし出発するぞっていうときに。
彼から思いがけない言葉が。
彼:「今日1日一緒にいて好きになっちゃった。初めて会ったばかりでこうやっていうのもあれだけど、付き合ってくれないかな? 普通の人ならもう少しお互いのことを知ってから言うと思うけど、俺駆け引きとか嫌いだから。こんな俺だけどよかったら付き合ってほしい。」

私は頭の中が真っ白でした・・・・。
急に言われてびっくりしたということもあるけど、何よりすっごく嬉しくてその言葉を聞いて幸せだったからです。
もちろん、答えは「YES」。
こうして私たちは、マッチングアプリで出会って3週間、初めて会った初日にカレカノになりました。

出会い系体験談 まとめ

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

まったく出会いがなく、恋愛を少し諦めかけていた私ですが、今ではマッチングアプリで素敵な彼と付き合い、現在では同棲をしています。

「マッチングアプリ」と聞いて少し偏見を持つ人も多いかと思います。
私も始める前はもちろん思っていました。
でも、意外と周りのみんなは言わないだけでやってる人多いんです。笑

SNSが普及している今の時代、マッチングアプリで出会って付き合っている人って結構いるもんです。現にわたしの周りも10人くらいはいます。
もしかしたらあと何年か後にはマッチングアプリでの出会いが主流になるかもしれませんね。

だから、少しでもマッチングアプリに対する偏見を減らしてほしいなと思います。

始めようか迷っている方、少しでも興味がある方、出会いが欲しい方・・・。
不安に思うかもしれませんが、一歩踏み出して始めてみてください。
そんなに重く考えず、暇つぶし程度で全然いいと思いますよ。

何気なく連絡を取り合っている方に、素敵な恋人になる人がいるかもしれません。

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)