Withで見つけた東京のオラオラ系起業家!

With体験談

私は昔から結婚願望が強くて、学生時代に出会った人と付き合って卒業して数年で結婚!という将来を夢見ていたのですが、実際は何もないまま学生時代は終わってしまったので、このままではマズイと思い、半ば焦る思いでマッチングアプリに登録をしました。
知り合いにマッチングアプリで出会って結婚したカップルもいたので、相手は簡単に見つかるものだと思っていました。

まずはお相手探し

まずは自分の好みの男性を探すべく、最初はざっくりと近くに住んでいる人のプロフィールを見ていましたが、登録者がとにかく多いので、身長はこれぐらいかな…お酒が飲める人がいいかな…といった具合に段々条件を絞っていき、見た目に清潔感がある人に対して片っ端からいいねを押していきました。
Withはマッチすればすぐにメッセージのやりとりが出来るシステムだったので、マッチングした際にはすぐに自分から連絡を取りました。
連絡する際は、簡単に自分の紹介をして、なるべく最後に疑問文を付けて送ることを心掛けました。
「いいねしてくれてありがとうございます!●●って呼んでください!私は何て呼べばいいですか?」
というメッセージが私の鉄板でした。
この際にいきなり個人情報をあっけらかんと送ってしまうのは少し怖い場合は、名前は適当な偽名でも良いと思います。会った時に、実は本当の名前はね…、
という会話のきっかけにもなるので。
この時マッチングしたのは体格の良い少し年上の起業家の男性でした。細マッチョが好きだったのですが、プロフィールに書いてある年収が少し良かったことに惹かれてしまい、いいねを押してしました。メッセージのやり取りをたくさんするよりも、まずは会って話しましょうということで、
平日の仕事終わりに会うことになりました。

少し年上の起業家と初デート

初デートの日は、彼がお互いの職場のちょうど真ん中の駅を指定してきたので、その駅の改札で待ち合わせをして夕食を食べに行くことになりました。第一印象は、写真の通り若干ぽっちゃり体型だと感じたのと、起業家ということで若干高圧的な態度が気になりました。
私の方が明らかに年下なのでしょうがないですが、会うなり
「●●ちゃん?待った?」
とタメ口で話かけてきたのが、個人的にはマイナスポイントでした。
また改札で軽く自己紹介をして、それじゃあと夜ご飯のお店に行こうとしたら、

「俺この駅あんま来ないから分かんねーんだよね(笑)、何か食べたいものある?」

と自分の指定してきた駅にも関わらず、どんなお店があるか分からないからと
ヒールを履いている私なんてお構い無しにウロウロとお店を探し始めたのも、個人的には残念でした。
初デートの時のお店は駅から近いところを予約しておいてくれると嬉しいですね。
ずっとオラオラ系でこっちは疲れました…
結局入ったのはチェーン系の居酒屋で、それでも楽しく話が出来ればと思ったのですが、個室が無いのでかなり大きい声で話さないと声が通らなくて、程なくして疲れてしまいました。
人の話を聞くのは嫌いではありませんでしたが、私が少し仕事の文句を言ったら

「それは●●が甘いよ。社会人何年目だっけ?2年目だよね?そろそろ自分で動けるようにならないと…」

とまるで上司の様に指摘してきたり、全ての会話が私の否定から始まったりすることが本当に憂鬱でした。
良かったことと言えば、私がトイレに行っている間にお会計を済ませてくれたことぐらいですが、お店もお店なので二人で5,000円ぐらいだったので、
もう半分ぐらい自分で支払いたい気持ちでいっぱいでした…。

出会い系体験談 まとめ

私は個人的に男性の一歩後ろを付いていきたいタイプでは無いので余計にそう思いますが、高圧的だったり、オラオラ系だったりする人は、初対面の時に女性にそれを出しすぎるのは良くないと思います。
女性はまず自分の事を大切にしてくれるかどうかを初対面で見抜こうと頑張っていますので、良い印象を残したいと思ってくれているのであれば、

・ヒールで歩かせすぎない
・女性の帰りやすい駅でセッティングする

など思いやりを見せてくれると嬉しいなと思います。

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)