Pairsで出会った爽やか男性!会った理由と勿体ないと感じたポイント

ペアーズ体験談

当時の私は、社会人2年目。大学時代から長年付き合っていた彼氏と別れ、寂しさが募っていました。世間ではマッチングアプリがちょうど流行り始めた時期。とはいえ、まだまだ「出会い系」という良くないイメージも強かったです。私自身、「知らない人と会うのは怖いなぁ」と躊躇っていたものの、直属の上司がアプリを通じて結婚したことから、軽い気持ちで登録しました。

出会った相手

登録したのは、仲のいい友人も使っていた「pairs」。登録者数も多く、広告でも見かけ、安心感を持ったことが理由です。

初期プロフィールを設定すると、ものの数分で反応が頂けました。なんでも、新規登録してから一定期間は異性の画面に表示されやすいのだとか。「最初は集中して頑張ってみよう!」と心に決めた私は、反応をくれた方のプロフィール画面を見に行き、真剣さが感じられた方には丁寧な返事をするようにしました。

数名の男性とやり取りする中で、印象がよい方がいました。3歳年上で、院卒。男性側からメッセージをいただき、優しげな雰囲気の写真と丁寧なプロフィールを見て、マッチングが成立。やり取りをする中でも、気になることは質問してきたりと、こちらに関心を持っていることが感じられて好印象でした。それから約2週間、1日数回のペースでやり取りを重ねました。メッセージの頻度もちょうどよく、優しそうな文面から、「この人となら会ってみたい」と思うようになりました。そんなある日、男性からお誘いをいただき、デートが決定しました。

当日の様子

当日はお互いの都合で、ランチのみご一緒にすることに。場所は、お互いの家の中間地点にあるカフェ。前の用事があった私が、最寄駅に到着したことをメッセージで伝えると、彼からも「待っています」との連絡が。緊張しつつ、彼が指定してきたその店に辿り着くと、道路に面したそのカフェは非常に混み合っており、彼の姿は見えず。

「着きました」「奥の窓際の席にいます!」「どんな服?」「黒いシャツだよ」
こんなメッセージを交わしつつ、教えられた席に到着すると、背が高く、清潔感のある格好の男性と目が合いました。
「○○さん?」「はい!」「××です」
そう優しく微笑んだ彼を見て、ほっとしたのを覚えています。

それから、飲み物を頼み、お互いの仕事の話に移ります。大学院を卒業した後、専攻を活かした仕事に就いていること、今の仕事をそれなりに楽しんでいること、アウトドアも好きなこと。最初はぎこちなかったものの、私から相手に質問をしているうちに、会話が続きました。

ただ、段々と質問することがなくなると、話も途絶え気味になり、静かな空気に。それにも関わらず、彼は常に笑顔で、次第に「何を感じているんだろう?」と不安になってきました。

そういえば、と思い出したのは、ここ2週間のやり取り。丁寧なやり取りが印象的な彼でしたが、それが少し表面的すぎる気もしていました。本当に思っていることを話してくれたら、自分を信頼してくれていると思えて嬉しくなります。けれど、彼は表面的な受け答えが多く感じられ、人物像がいまいち掴めなかった。そして、私自身が、彼を信頼することがあまり出来なかったのです。

結局、その日は2時間程話して解散しました。別れた後、「楽しかったね」という連絡は貰い、そのままやり取りが続きましたが、私からフェードアウトし、彼からも追って連絡はありませんでした。「お互いに表面的なやり取りをしている時間がもったいない」と思ってしまった。彼と私は噛み合わなかったようでした。

出会い系体験談 まとめ

今回出会った彼とは、結局一度会っただけで終わりでした。この時の彼が、もっと本音で、友人と話すように喋ってくれていたら、また違った展開になっていた気もします。

ですが、この出会いをきっかけに、出会い系でも「普通に素敵な人」がいるということを学ぶことができました。そして、2年後にはマッチングアプリをきっかけに、結婚することが出来たのです。

マッチングアプリは、正しく使えば怖いものではありません。普段の生活だと決して出会うことのない二人を巡り合わせてくれるものです。そこで出会った相手が、将来のパートナーかもしれません。是非、背伸びしない普段の自分のままぶつかってみてください。必ず、いつか、自分を受け入れてくれる相手と出会えるはずですよ。

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)