ティンダーで出会った今どき20代OL達!30代出世街道男が負けた理由

Tinder体験談

語学上達と出会いを求めアプリに登録してしまった男性
私の知人男性Aさんのお話しを紹介します。Aさんはワンランク上のポジジョンを狙って転職したばかりでした。職場の女性達の気の強さに圧倒され疲弊していた中、ティンダーを紹介してもらい、気晴らしや英語の勉強に付き合ってくれる相手を見つけるために正直なプロフィールを書きました。写真も盛らずにそのまま登録。仕事も趣味もきっちり記載しました。Aさんは英語の勉強をしていたので、英会話に付き合ってくれる男性も見つけられたらと男性も表示させるようにしました。
ワクワクしながら新しい出会い探しをスタートさせたそうです。

Aさんに最初にメッセージを送ってきたのはゲイの男性達だった・・・

Aさんはプロフィールを見ながら、英語の勉強ができそうな人をまず探しました。海外から日本に来ている男性と女性、また英語が話せる日本人女性に絞りスワイプ開始。男性から多くのライクが届くようになり、早速拙い英語でメッセージのやりとりを始めました。ところが、Aさんにライクを送った男性達はなんとゲイの方ばかりでした。Aさんは普段からよく中性的だとか、ホモっぽいと言われることが多かったためショックを受けました。ライクをくれる男性は、Aさんもそっちの人であると勘違いして仲良くできると思いやりとりをしていたのです。仕方なくAさんは彼らに丁寧にお断りをし、女性に絞ってライクを押していくことにしました。

ビッチとの出会いでさらにダメージ!思い描いていたフレンドリーとは違った…

Aさんは海外出身の女性や語学が堪能な日本人女性に絞ってライクを押していきました。海外出身で日本語も堪能な女性とメッセージをやり取りし、数人ほどカフェで会ってみることにしました。Aさんはカフェで話をしましたが、彼女達はすぐに2人きりになれるところに行こうと言い出したそうです。彼女達はAさんの肩書きを見て、お金を持っている日本人として交際を求めてきたそうです。本当にビッチがいたのか…Aさんはこれに懲りて海外女性との交流を諦めました。

語学堪能、若くして優秀なOL達と出会った結果、さらにダメージを受ける!

懲りたAさんは、日本人かつ語学堪能でビッチじゃない、仕事もしっかりできそうな好みの女性に絞ってライクを押していきました。素敵な出会いもあったらいいな、若干の下心を持ちながら数人ほど会ってみることにしました。Aさんが彼女達と会って驚いたのが、まず彼女達のルックスの高さ。可愛い!美人!Aさんはテンションが上がります。ところが、彼女達はAさんのお店選びにケチをつけてきました。どう考えても市場価値の高い女性、彼女たちからするとAさんの選ぶお店は彼女達の欲求を満たすことができなかったのです。
出会いも求めていたAさんからすると「私たちを楽しませてみな!」というような雰囲気が嫌になり、さらに彼女達と仲良くしようとするとお金がかかりすぎることに気がつきました。引く手数多な彼女達からすると、Aさんにいくら社会的地位があってもAさんがふるいにかけられる立場になってしまったのです。若さと美貌と賢さを持つ彼女達に、Aさんは負けてしまいました。

モテるしお金もあるし、社会的地位もある男性がアプリに出した答え

Aさんはアプリは何かと女性優位であると感じました。そして上から目線の女性があまりにも多くて驚いてしまった。アプリは女性無料、男性は有料であることがほとんど。Aさんからのキツいコメントを紹介します。「普通にいたら相手されないような女性でも、なぜかアプリでは優位に立っている」「アプリの中ではチヤホヤされてモテると勘違いしている」「メッセージ送っても返信しない女性多すぎ!」「暖簾に腕押しだよね…」Aさんはハッキリ言って目立つ男性です。仕事もできるし女性ファンも多数。Aさんの体験談は、もしかするとマッチングアプリを利用してる男性にあるあるなお話なのかもしれません。


安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)