出会い系アプリ 【スマとも】を使ったみた実体験!東北の田舎町でも出会えました!

スマとも 体験談

「出会いがないな〜」「どこかに出会いとか落ちてないかな〜」最近の口癖が少しこじらせ気味なくらい女性と関わることがめっきり減った私。
男ばかりの職場。
女性と言葉を交わす場面なんてコンビニくらい。
出会いがない時なんて本当にないんだなと痛感していました。

私は「芸人の有◯哲平に似てるよね」
と言われるくらい顔面偏差値は低くて、おまけに身長も168cmと成人男性の平均身長と、モテ要素なんて全く持っていません。
昔からフラれ際に必ず聴かされる「友達のままでいたいから」このセリフは本当に聞き飽きていました。

出会い系アプリ 【スマとも】を使ったみた実体験!

そんな私でも、誰かと出会いたい!女子と知り合いたい!
女子と楽しく話したり、イチャイチャいたい!!
そんな純粋な動機で地域向けの無料出会い系アプリ【スマとも】をダウンロードしてみました。

無料で女の子と出会いたい!

【スマとも】をダウンロードし、簡素なプロフィール登録を済ませて、いざ女の子を探してみました。
地域向けなのもあってGPS検索もあり、年齢が近い子がいたら送ってみたり、写真を載せている子のプロフィールを覗いてみたりして
メッセージ送ってみたりしていました。

最初に思いついた作戦は『数打ちゃ当たる』でした。

すぐには返信が来ないと予想していたので、今のうちに私自身のプロフィールの詳細な部分を入力しておきました。
さすがに会社名や年収といったところはデフォルトのままにしましたが
年齢や血液型・最終学歴・自己分析での性格、さまざまな項目を入力していたところ、序盤に送ったいた子から返信メッセージがきました。

「おお!!マジで返事きた!」
「出会い系アプリ、カンタン!」

そう思いウキウキしながら返信の内容を確認してみました。その子からの返信にはこう書かれていました。

『顔わからない人むり』

立て続けに
『顔の写真ちょうだい』

顔に自信ない私ですが、ここで送らないとこの先も話すタイミングを失ってしまうと思って自分で撮って送ってみました。
その後、その子から返事がくることはありませんでした。

「やっぱり顔かよ…」顔で選んで送った子のことを言える立場ではありませんが、少し悔しくなっている自分がいました。
その後も返信はちょくちょく返ってきましたが、結果は全敗でした。

出会い系アプリの傾向と対策。まるでゲームのように攻略法を考えました

私は真剣に、理屈で考えました。返事が来るということは、少なくとも返事をくれた女子たちはいわゆるサクラの可能性が低い。
その点は私自身に希望をくれる存在(好みの子)が居るということであって
プロフィールのようにすぐ直せられるところは全部直して、自分の顔写真も見直してみました。

流行っているタレントや俳優、芸人などの有名人の髪型・雰囲気を情報収集して、そのなかでどう自分に反映させられるか。
自分に似合いそうかどうか。私が実際にやってみた例です。

2018年の当時、ムロツヨシさんが流行っていました。なぜか?
同シーズンのドラマに出演しておりました。

『今日から俺は!!』
『大恋愛〜僕を忘れる君と』 

流行りましたよね。もともとムロさんは好きな俳優でしたが、『大恋愛』の方のムロさんのように、まあまあ強めのパーマにしてもらい
仕上がりの段階で鏡越しで写真を撮ってもらいました。
理由は2つあります。

・髪をセットしてもらった直後なので、自身の仕上がりが良い
・顔写真を載せている女性は、鏡越しのように写真を反転させている

女性が積極的にやっているテクニックは男性にも応用できるのでは?と思い、実行してみました。

結果は大正解。

これで【スマとも】用のプロフィール写真も同時にゲットできましたし、加えて『ムロツヨシと同じ髪型にしてもらった』というエピソードもゲットできました。

勘の良い方は気付いたと思いますが、先ほどの同時期のドラマだと、私の髪型のイメージは『今日俺』の金八のムロさんにイメージ持ってかれますよね?
この時はたまたまでしたが、こうやって話のネタも仕入れながら、プロフィールも変えていけましたし、返信が少しずつ返ってくるようになりました。
しかし、その日だけの返信だけで終わる子が大多数で、日付が変わってからの返信率はガクッと落ちてしまうのが現実でした。

女性ユーザーも意外と大変

その日限りで会話が終わった子が、流れまでは忘れましたが
『他の男性ユーザーはこんな感じばっかりだよ』的な情報をもらっていました。

どうやら他の男性ユーザーは、
「これから会わない?」
「いくらでヤラせてくれる?」
「いいかげん返事かえせよ」

こういった口の悪い輩のような、同性側の立場から見てもかなりガラの悪い男ばかりらしいです。
そんなガラ悪い男と一緒にされたくないので、なるべく丁寧に返信をしていましたし、基本的に敬語で貫いていました。

そんなある日、私からメッセージを送った子から返信が来ました。
年齢は29歳、社会人の童顔のTさん。
当時の私は32歳でしたが正直Tさん24〜25歳くらいに見えていて実際の年齢を聞いた時は3回聞き返しました。
話題はムロツヨシの髪型の話から『今日俺』のドラマの話、漫画『今日俺』の話やそこから好きな漫画の話
そんな具合に会話をしていて、年齢が近い私自信も話すのが楽しいし、何よりもラクでした。
しかしこういうパターンは今までもありました。
ここから先に行けるかどうかが第一関門なんですよ、本当に。

次の日またメッセージを送ってみたらまた返信が来ました!
「返信きた!!!?」
その次の日も、またその次の日も、返信が来たんです。
めちゃくちゃ嬉しかったし、こればっかりは私もテンションが上がってきました。

一週間ほどでしょうか、毎日出会い系アプリを開くのもな〜って思い始めて、断られたら終わる可能性がありますが、勇気を出して聞いてみました。
『あのさ、もしTさんが嫌じゃなければなんだけど、よかったらライン交換しない?』

勇気の一撃送りました。少しして返信が来ました。
『いいですよ( *´艸`)』
もちろんライン交換した後も、今まで通り毎日ラインしました。

無料で女性と出会えました!

そのあとは毎日ラインして話していくうちに、お互いの仕事の休みの話になり、休みが重なる日が合ったのもあり、意外とすんなり会うことになりました。
会うことは決めましたがどこ行く?って話になり、私個人の心境は

(もはやデートも約束みたいだな〜)
(って俺はしゃぎすぎだろ)

なんか観たい映画あるかとか、気になっている店はあるかとか、そんな会話をしていて、私はとにかくTさんと楽しかった二人の思い出がほしかったから何気なく、

「カラオケでも行ってみる?最近の曲とか全然知らないけど!」
「いいですね!私も最近の曲知らないけど久しぶりに行きたい!」

そんな流れで会うことになりました。

待ち合わせはTさんの大体の住所から数分で行けるコンビニにして、待ち合わせ時間の10分前には到着しておいて
コンビニ入って先にトイレに行っておいたりして、緊張をおさまるように普段通りに行動していました。

待ち合わせ時間になるとコンビニにどことなく見覚えのある、知らない女性が入ってきました。
女性らしい格好でしたが、身長どれくらいだろう?160cmあるかないか?くらいの健康的な細さの体型をしていました。
私はスマホのマナーモードに気がつき、画面にはTさんからの『コンビニついたよ』のメッセージ。

コンビニ内でお互い「はじめまして」の挨拶も他のお客さんから見たら変な光景になると思い、あえて『外にいるよ』と返信してコンビニの外に出るように仕向けて、Tさんの後ろからほぼ同時に私もコンビニから出た後に、私からTさんに電話して気付いてもらって、私の車にTさんに乗ってもらい
「なんか飲む?買ってくるよ」

と言って、私分のコーヒーとTさん分のジャスミン茶を買ってきて、いざカラオケへ向かうため車を走らせました。

車の中では、
「どこのカラオケにする?」とか
「いつぶりだろ〜カラオケ」
「高校の頃は毎週のように行ってた〜」
「最近の曲わかんないし、じゃあ懐メロばっかでいいじゃん!」
「デンモクの履歴で年代バレる(笑)」

そんな何気ない会話をしながらもカラオケ屋に到着。

お互いそわそわしながらメーカーをカラオケDAMにして、

「メーカー増えたねぇ」
「昔から俺DAM一択だったな〜」
「わかる!」

同年代ネタが当てはまるなら、とにかく同年代ネタは鉄板だな!と、つくづく感じました。

受付で手続きやソフトドリンクをあらかじめ頼んでおいて移動。

部屋に入るなりカラオケルーム独特の明るさや雰囲気は懐かしくて
なんだか当時にタイムスリップしたかのようなワクワクそわそわが止まりませんでした。

「何歌う?」
「え〜何歌おっかな〜。先歌っていいよ」
「俺からか!じゃあ懐メロ1発目っていったらこれじゃない!?」

私はあらかじめ考えておいたモンゴル800『小さな恋の歌』からをチョイスして歌いました。
同年代なら知らない人はまずいないモンパチの超有名ナンバーは盛り上がるには間違いなかった。
もちろん二人で大盛り上がり!!歌い終わる前にTさんがデンモクで次曲予約。
こちらも当時の有名ナンバー、大塚愛『さくらんぼ』がモニター中央上部に見えて思わず目を合わせていました。
Tさんの番になって歌い始めました。

上手い!上手いし、歌っている声も話している時とはまた違い、その声もカワイイ!

私も一緒にマラカスやタンバリンを鳴らしながら次の曲を入れて
次の曲に選んだのはこちらも超有名ナンバー
HY『AM11:00』
この曲の素晴らしいところはデュエットできるところです。

一緒に歌える曲は一緒に盛り上がれると予想していましたが、実際のところ…最高でした。
カラオケの時間は2時間コースで始めましたが、あまりにも楽しすぎて1時間延長してしまいました。
その延長時間のあっと言う間にでいたが(笑)

あまりにも懐かしく楽しいひとときを過ごせたのありましたが、私自身Tさんに興味が全部持っていかれてしまいました。

もっともっと知りたい。
まだ一緒にいたい。

そんな気持ちがあったので、ある程度は打ち解けた今のタイミングで夜ご飯も一緒に食べないかと誘ってみました。

「いいよ〜!たしかにお腹へったよね〜」

カラオケで盛り上がれた後はご飯がてら居酒屋へ

楽しかった時間を共有できたこと。
これは他のどんなことよりも『大切なこと』です。

なのでそのままご飯に誘うのもいたってナチュラルな流れで誘えたと自分でも感じます。

ご飯を誘いながらも店を居酒屋にできたのは、多少打ち解けられた現れだと思います。

きっと始めから夜ご飯、しかも居酒屋っていうのは警戒されてもおかしくないと思います。

せっかく時間をかけてゆっくりと打ち解けていって、せっかく会うことができたし
カラオケ行った結果というと、私がTさんの魅力にどんどん惹かていったという現実です。

はじめにカラオケ行っておいて本当によかった!!

下心がないのか?と質問されたら自信をもって言います。
「ないわけ無いだろ!!こんな魅力的な女性に対して下心がない方が逆に失礼だ!」
と、開き直れるレベルです(笑)

話が脱線してしまいましたが、この時私たちは食べる場所は二人で決めて居酒屋にしました。

居酒屋なので当然、先に飲み物の注文を聴かれました。
私はいつも駆けつけいっぱいはビールなので生中を、Tさんも同じのと頼んだのでビールで乾杯。

つまみや食べ物を一緒に選んだり、もはや『お酒を飲んでいる勢い』で「これ美味しそうだから一緒に食べよ?」
とか、冷静に考えるとそこそこズカズカといけたりします。

注文したものを待っている間はお互いがお互いの気になった質問とかして、知りたかったことを聞いたりしました。

「(カラオケで)てかTさん歌めっちゃ上手いよね〜!歌ってる声めっちゃ可愛かったよ」
「そんなことないよ。(私の名前)も上手かったし、声のイメージの割に意外とラップが似合ってた(笑)」

そんなことも話しながらも

「え、Tさんて彼氏いないの?」
「いないよ!いたら出会い系なんて使わないし」
「マジか!世の中の男みんな節穴だな〜こんなに良い女を見落としてるなんてどうかしてるよ」
「ふふ、ありがと。そういう(私の名前)も実は彼女いるんじゃないの〜?」
「いるわけないじゃん!Tさんと一緒だよ」
「え〜本当に?こんなに楽しかったの久しぶりだし、歳近いのもあるから逆に遊ばれてると思ってた!」

まさかの遊ばれてる発言に私自身が正直驚きました。
私みたいな髪型ムロさんに寄せた男が女遊び、なんて!?

いつの間にか、そう見られるくらいまでになっていたのでしょうか?
そうして食事と一緒にお酒も飲み、さらにたくさんお互いの話して
お互いの距離感もだんだんと縮まっていきました。
この時点で私たちはきっと居酒屋を出てからの展開を分かっていたのかもしれません。

居酒屋のラストオーダーの時間までずっとお互いのことを話していたみたく、もう日付も変わってしまうくらい話し込んでいたみたいで
どうするか、ラストオーダーの時間はどの店でも同じ時間だろうし

「ハシゴするより、じゃあ帰りにお酒買って俺ん家で飲む?」

という私の提案で宅飲みにシフトチェンジすることができました!

数年ぶりに部屋に女性が来ました

一人暮らしの私の部屋に着いて
「好きなとこテキトーに座っていいよ」
と伝えるとTさんはマットレスの普段寝ているところに座りました。

私は正直ドキッとしてしまいました。
女性が自分の寝床に座っているだけで、その後の展開が容易に想像というより妄想できたためです。

しかし私もこんなシチュエーションは久しぶりのことなので変な緊張をしてドキドキしてしまいます。

この緊張はTさんにはあまり伝わってほしくありません。
ドキドキしながら私も隣に座り、缶チューハイをプシュッと開けながら

「今日は楽しかったね〜」
「ね〜」

今日のことを振り返りながら宅飲みでまた乾杯しまいた。

「楽しすぎてはしゃぎすぎたかな?ちょっと疲れたね」
「そうだね」
「明日は?用事ある?」
「ん〜特に用事ないかな」

そんな会話をしながらも、遊び疲れ+お酒で眠たくなってきたのか私もTさんも少しアクビが出始めた頃
電気を暗くしてTVと間接照明のみの明るさにしました。

辺りに影が増えたことによって可愛らしかったTさんが色っぽく見え始め
だんだんと会話が少なくなっていき
お互い目を見つめ合ったあと自然と目を瞑り
二人の唇は重なっていました。

出会った初日でベッドイン

ソフトクリームを上から食べるときのように優しく、優しく重ね合い、だんだんと舌を絡めた激しい求め合いになり、そのまま横に雪崩れ込み、それは始まりました。

女性独特の匂い、部屋じゅうに溢れる艶っぽい吐息と喘ぎ声は、私のリミッターを完全に破壊しました。
彼女の後頭部を手で支えキスしながら一緒に起き上がり、彼女のトップスを脱がしてブラジャーのみにしてあげると
彼女がゆっくり立ち上がり自ら脱ぎ始めて私の目の前でランジェリーのみの姿になり、今度は私の服を脱がし始めたので私も同じくパンツ姿になりました。
お互い下着姿になったところで彼女からハグをされました。

「ねえ、俺と付き合お?」
「うん♡いいよ♡」

思い切り彼女をギュッと抱きしめました。
肌で触れ合っている彼女は少しだけ熱くて
女性特有の良い匂いに私の興奮度は高まり
私のムスコも抜刀状態!(笑)
普段は人見知りで顔を隠しているムスコも臨戦態勢。
さすがにパンツの上からでもわかる状態に彼女はパンツ越しにスリスリと触ってきました。

「ココすごい勃ってるよ?(笑)」

指先を形状に沿わせて上下に動かしながら

「すっごい硬くなってる♡…ねっ?仰向けになって?」

言われるがままに仰向けになると彼女はいたずらっ子表情になり、上から覆いかぶさってきてパンツを脱がされました。

「すっごいビンビン♡」

私の息子を軽くにぎり、ちょっとだけ上下にしながら嬉しそうに言う彼女。
焦らされたせいなのか、ムスコの先端部からヨダレが出ていました。
それを舌先でゆっくりペロッとされ、息子全体をキスし始め、袋の裏から袋も口に含んだり、裏筋と下から上へペロペロ。
思い切りムスコを咥えて卑猥な音を部屋全体に響せたりと、しっかりとマッチョにしてもらいました。
私はすでに我慢の限界で、もう彼女と繋がりたくて堪らない衝動に駆られたので、咥える彼女を仰向けにさせてパンツを脱がし
脚を広げ彼女の花畑を思い切り舐め回そうとしました。すると彼女は大事な秘部を隠しました。

「待って!!恥ずかしい…」

私の何かがプっツンと切れ、彼女の秘部をマッサージして早々に合体しようと指を彼女の秘部に挿れた直後、気付きました。
すでに充分すぎるほど濡れていたので驚きました。
どうやら彼女は自分がそれほどまで濡れていることを自覚していて、そんなスケベなところを見られるのが恥ずかしかったみたいです。

願ってもねぇ!!

私はゴムを付け、彼女の脚を広げて丸見えにしながら一つになりました。
腰を動かすたびに漏れ出す彼女の声で、さらに早く激しく動きました。

「もっと♡」「もっとして♡」

と突かれながら求める彼女。

「奥♡奥きもちい♡」「もっと奥突いて♡」

愛おしい彼女の全部が私の唇や舌を動かし、腰を激しく彼女に打ちつけ、両手は彼女の小ぶりな胸やお尻を揉んだり弄ったりと、とにかく無心で目の前にある快楽にただただ溺れました。

目が覚めたら私の腕枕で彼女が寝ていました

いつも一人で起きていた寝床に、昨日初めて会えた彼女が寝ていました。
お互い全裸のままで、どうやら果てた後にそのまま二人で寝てしまったみたいです。
彼女の無防備な寝顔とその姿にムラムラしてきたので、寝ている彼女の身体に起きるまでソフトなイタズラをしていたら彼女も起きました。
「ちょっと〜なに〜?」
「おはよ!」
直後に寝起きのキスをして、そこから朝一からの二回戦・三回戦と重なり合った結果、計6回もしてしまいました(笑)

5回目にはゴムを使い果たしてもう無かったのですが、中に出さない約束で生でしちゃいました。正直、最高でした。

【出会い系体験談】「スマとも」を使うためのポイントと注意点 まとめ

私を含めて出会いが少ない男性って、世の中にたくさんいると思います。
私もそんな男の中の一人でした。
そんな私が試行錯誤を繰り返して学んだポイントを活用してぜひ有効利用してみてください。

・毎日ログインボーナスをもらう
・ポイント貯める(私は無課金でも1000p貯まりました)
・ある程度貯まったらプロフィール欄をなるべく埋める

また、注意する点も少し触れておきます。

・いきなりURLを送ってくる
・プロフィール画像にQRコードを載せている
・数回やりとりしたあと相手側からライン交換を希望してくる

このケースの場合はほぼ業者で間違いありませんので、無視orブロックしていいと思います。
しつこいようならアプリ内から通報してもいいと思います。
ちなみに微弱ながらも私は通報しています。

出会いたいと本当に思っているのなら、まずは行動してみてください。

アプリのダウンロードや登録は指先だけでできますし、時間もそこまでかかりません。

他の出会い系アプリもそうですが、初めて無料登録すると、ほとんどの場合は初回無料ポイントをもらえます。
ただ、右も左もらからない、使い勝手なんて全然わからないアウェーな状況で使っていても、最悪の場合『女の子のプロフィールを観覧していくだけでポイントが無くなっている』なんてことも普通にあります。

私のように様々なアプリを体験してみることも悪くはないと思いますが、一つだけ確かなことは【スマとも】では使い方次第で完全無料が可能ですし
他のアプリにもあるかもしれませんが、私はアプリ自体に追加投資なしで出会えて彼女ができました。

体験談なので絶対的にオススメしています。
その彼女とは2年半で別れることになりましたが、私は未だに利用しています。
所持ポイントもログインボーナスのみで1,200pまで増えていました。

読んでいただけたアナタにもチャンスはあります。
あとは実際にやってみること、これに尽きます。
行動しないで何も起こらない事実より、行動してみて何か起こるかもしれない事実の方が
あなたにとっても有意義なものになると思います。

読んでいただけた、同じ思いをしているあなたに、同じ思いをしていた私の言葉が少しでも届くことを祈っています。
無料で女性と出会えます!

安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ハッピーメール公式(R-18)