Omiaiで出会えた、たぬき顔の今どきOLと甘~い時間を過ごせました!

omiai 体験談

さて、以前Pairsでの彼女づくりに成功した体験を語った筆者ですが、今度はPairsと同じく人気のあるマッチングアプリOmiaiでの体験についてお教えします!

Pairsにて素敵な彼女を作ることが出来た僕ですが、
残念ながら、その彼女とはその後、仕事のスケジュールの兼ね合いもあり、お別れをすることとなってしまいました。

しかしながら、Pairsでの成功体験で、
マッチングアプリの効力を充分に感じる事ができた僕は、次は同じく利用者数の多いOmiaiというアプリで彼女を作ってやろうと、自然と思うようになっていました。
(引き続きPairsを使うのを避けたのは、なんとなく出戻りみたいな感じがして恥ずかしかったからです。笑←実際は全然恥ずかしいことではありません!)

Omiaiでマッチングする数はPairsより多い!

実は、マッチングアプリには、だいたいどのアプリでもログインボーナスとして、
毎日5人から10人程度、無料でいいね!を送る事ができる特典があります。
その他にも、それぞれのアプリで色々特徴があるのですが、
Omiaiの長所の一つとして、無料で送れるいいね!の数が多いというのがあります。
(操作性という面ではPairsに分があると個人的には思っていますが)

日によっては、20人に送れたりもするので、とりあえずマッチング数を増やせるというのはOmiaiの大きなメリットだと思います。
そしてその絶対数の多さが馬鹿にできないのでして、
感覚的に言うと、Pairsで20人とマッチングする間に、Omiaiでは30人くらいとマッチングできるといった具合です。(あくまで、僕の体感なので悪しからず)

今回マッチングした、たぬき顔の美女も、その無料特典の範囲でマッチング出来た女性でした。
会話をするにはさすがに課金しなければなりませんが、マッチングまでならかなりの数の女性と知り合うことが出来ました!

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

メッセージの正攻法はどの出会い系アプリも同じ

メッセージで特別なことは必要ありません。
一部のアダルトな出会いを前提としたマッチングアプリであれば、色々とHow Toがあるのかもしれませんが、
PairsやOmiaiなどは、かなり真面目な女性も気兼ねなくやっていたりするので、基本的には敬語で挨拶したり、趣味の話や仕事の話を適度な文量でしていけばOKだと思います。

「僕は普段~~な仕事をしているんですが、〇〇さんはどんな仕事をしているんですか?」
→「私は建設系の事務職です。」
「事務のお仕事なんですね!今はテレワークがメインですか?」
→「はい在宅中心です。運動不足です笑」
「ほんとうに運動不足になりますよね。家で何か運動とかされないんですか?
ちなみに僕は、夜中ジョギングしたりしてます!」
→「あまり体動かす方ではないんですけど、最近はヨガを始めました☺ ジョギングされるんですね!どのくらい走るんですか?」
・・・

みたいな感じです。

そして、その流れで好きな食べ物を聞いて、よかったら食べに行きませんか?といってデートに誘いました。

デートは長くても3時間

上記のような流れで取り付けたデート当日、僕は食事のできるカフェダイニングを予約しました。
やってきたのは、身長165cmくらいで割と長身でしたが、たぬき顔なのであどけなさも感じられる優しい雰囲気の女性でした。

これは何度か女性とデートするようになって得た知見ですが、
あまり長時間デートするのはかえって逆効果だと思います。

趣味などでもそうですが、「もっとやりたいけど、明日も仕事だから寝るか」みたいな感じで、多少消化不良なほうが、またその趣味をやりたいと思いますよね!

女性とのデートも同じで、あまり長時間おしゃべりするよりも、「もっと話したかったのに」で終わるくらいのほうが、「またすぐにこの人と会いたい!」と思わせられるものです。

そのため今回は、コロナ渦だったこともありますが、居酒屋ではなく、軽くつまみながらお酒を一杯ひっかける程度のダイニングカフェに、あえてしました。
彼女から焼き肉が好きという情報を得ることが出来たので、
次は焼き肉デートをするところまで決めたところでその日のデートは終了です。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

甘い体験は突然やってきた

僕としてはかなり彼女に好印象を抱いていたので、すごく楽しみにして焼肉デートを迎えました。

あとから振り返った時に、
初デートから2回目のデートまでの期間が1週間ほどしか空いていなかったことが非常に良かったと思っています。
鉄は熱いうちに打つという精神で、お互い気持ちが冷める間を作らなかったことが今回の成功のポイントだったと思います。

さて、焼き肉自体は普通に美味しかっただけだったものの、
甘い体験のきっかけになったのは食事中の会話でした。

相手の女性がおもむろに、こんな会話を始めたのです。

「〇〇くんは、いろんな女性と会っているの?遊んでたりするんだ?」
→「いやいや、何人かとは会ったりしていますけど、遊んだりはないですよ。」
「なんでなんで?ご飯とか飲みとかHしてないの?」
→「ご飯と飲みとHじゃハードルが全然違いますよ。逆に行ってるんですか?」
「秘密ね」
→「大人ですね~笑。 彼氏はいないんですよね?」
「彼氏はいないけど笑 〇〇くんはH好き?」
→「まぁ笑 男ですから。」

なんて流れをしているうちに、自然とホテルに行く流れになって、
そのまま一晩の甘い関係を過ごしました。

まぁ、彼女にはならなかったけど

正直、付き合ってもいない人と枕を交わすような女性のことを、恋愛対象として好きにはなれなかったので、
その女性とはそれきりの関係となりました。笑

ただ、マッチングアプリの中には、そんな飢えた女性もいたりするので、
根気よく、活動を続けていれば、めくるめく体験をすることができるかもしれませんよ!

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/


安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)