ハッピーメールで出会った30代の元ヤンの人妻さんにテコキをされて大射精

ハッピーメール体験談

初めまして。Kazuoと申します。アラサーのサラリーマンですが地方に転勤になり知り合いが一人もいない土地なので人寂しさから
ハッピーメールで30代のギャル系の人妻さんと出会いました。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

出会い系で会ったギャル風の女性

引っ越しや支社の方々に挨拶を終えると全く知らない土地に一人きりという寂しさからとりあえずご飯に行ける異性を作ろうと思いハッピーメールを始めました。
何人かの方とメールのやり取りをしたのですがその中で特にやり取りをしていて気が合った方がいました。
アンさん。
プロフィールの年齢は20代。
鼻から下は隠していたのですが金髪のメッシュが入っていたりして派手な雰囲気だったのでもしかしたら年下のギャルかなーなんて思いながら待ち合わせをしました。

待ち合わせ場所は大きな駅から2~3駅離れた駅

待ち合わせたのはその地方の中心から少し離れた駅でした。
「おーい。Kazuo君?」
アンさんの声はまるでロックシンガーのようにちょっとかすれた低音のハスキーヴォイスでした。
後ろを振り向くとそこにはまるで外国人のように目鼻立ちがはっきりした女性がいました。
予想とは違って20代ではなさそうですが髪も金色にメッシュが入っていて派手です。
はっきりした目元や整った顔と相まって迫力があります。
女性経験が殆ど無い僕は美人が真顔だとそれだけでもビビってしまいます。
「もしかして思っていたより年増でがっかりした」
「あ、いえすごい美人なんでびっくりしちゃって」
「マジで~ありがと~」
アンさんがニコッと頬を上げて笑いました。
女性の笑顔って安心感ありますよね。特にアンさんみたいなタイプの美人が笑うと真顔との相乗効果でしょうか?
あたりがパアッと一気に華やいだような気がしました。

駅近くの焼き鳥屋で食事

食事は焼き鳥屋さんでした。
僕としてはイタリアンとか雰囲気があるところでも良かったのですがアンさんがもっと気楽な所がいいというという事で焼き鳥屋さんに行きました。
お互いビールを頼んで乾杯。まるで男友達みたいなノリです。
アンさんは焼き鳥をツマミにしてビールをあおっていきます。
ほろ酔いになり少し頬を染めたアンさんは最初のヤンキー風な印象から一転して気のいい姉御といった印象です。
「でさ~Kazuoくぅ~ん。聞いてよぉ~」
アンさんはお酒を飲むと饒舌になり色々と話してくれました。
アンさんと夫は夫婦仲はいいのですが30代を超えてから夫婦の性欲が逆転してきたという事でした。
最近は夫が先にバテてしまってアンさんとしては物足りないそうです。
「こんな私ってイヤラシイ女だと思う?」
アンさんが僕の肩に寄りかかってお酒で余計にかすれたハスキーヴォイスで呼びかけてきます。
これがギャップ萌えってやつですかね?男勝りのアンさんに甘えられるとアンさんがめちゃくちゃ可愛く思えてきました。
「アンさんめっちゃ可愛いです」
「まじ~めっちゃうれし~」
アンさんが僕をぎゅうっとハグしてくれました。
金髪のメッシュの髪から甘い、としか言えない香りが漂ってきました。

いよいよホテルに、やっぱりアンさんは見かけ通りのドSでした。

いい雰囲気のまま市内のシティホテルに入るとアンさんが急に手で目隠しをしてきました。
「あれ?なんです」
「いいから、目を瞑ったまま私の声を聴いてみて?どーお」
眼をつぶったせいでしょうか先ほどよりもアンさんのハスキーヴォイスが良く聞こえます。
改めて聞くとアンさんのハスキーヴォイスは頭の奥に響き渡るよう感じがします。
まるでロックのウィスキーを一気に飲んだ感じです。ガツンと頭から全体に染みこんできます。
「わ、なんかすごい」
「私、する側になるの結構好きなんだよね。特に自分の声で感じてる男の人とか大好き」
こんなセリフをアンさんの声で言われるのですからもうたまりません。
「ねえ、目隠しプレイとかしてみない」
僕はカクカクと何度もうなづきました。

実際に目隠しをされてみると目が見えないというのはこんなに不安になることなのかと驚きました。何をするのも相手まかせ。ましてや相手は今日会ったばかりのアンさんです。
これでもし美人局なんかされたら…
僕が一人でこわばっていたところをアンさんが優しく声を掛けてくれました。
「怖がらないで、お姉さんが優しくしてあげるから」
アンさんは僕の服をあっという間に脱がすと僕の乳首に舌を這わせます。
チュッという音と共に少し冷たい唇の感触。そして僕の乳首をアンさんの舌が円を描いて這っているのが分かります。
視界が無い分アンさんの声や触ってくる感じがより敏感に伝わってきます。
「気持ちいい?」
「は、はい…すごく」
「可愛い」
アンさんがズボンを下すと。腹を打つくらいに勃起しきったペニスが出てきました。
「うわぁ、すごい」
アンさんが嬉しそうにため息を漏らしました。
「じゃあ握るね」
「は、はい」
ペニスにアンさんの細長い指が絡みついてきました。強く握ったりまた力を弱めたりと絶妙な加減で刺激してきます。
「じゃあいくね」
アンさんが僕のペニスをしごきだしました。自分でするのとは全然違います。女性の細長くて繊細な指と柔らかい手のひらに包まれながらシェイクされると3分も耐えられずにイってしまいそうでした。
しかし
いよいよ射精しそうなその瞬間になるとアンさんがピタッと手を止めてしまいました。
「あ!なんで!」
僕が思わず大声で叫ぶとアンさんが僕の耳元で囁きます。
「そんな簡単にイカセてあげると思ったの?」
アンさんのかすれたハスキーヴォイスが尖って僕の耳に刺さります。背筋がぞくぞくっとしました。
それからアンさんは僕のペニスをしごいてくるのですが射精するたびに寸止めを繰り返しました。
「あ、アンさんお願いします!もう射精したいです!」
僕が見栄も恥も捨ててお願いするのですがアンさんはケラケラと意地悪に笑うと手を止めて寸止めします。
いったい何度寸止めさせられたでしょうか?
寸止めされればされるほどまるでバケツに水を溜めるように快楽が溜まっていきます。
僕はいよいよアンさんに抗議しました。
「いい加減にしてくれ!どうやったらイカせてくれるんだよう!」
子供のように駄々をこねるとアンさんが頭を撫でてくれました。
「Kazuo君。可愛いねえ。このまま延々とイジメてもいいけどそれは可愛そうだよね。じゃあ…今から言うセリフを言ったらイカセてあげる」
アンさんが僕の耳元でセリフを囁きます。僕はそれを聞いて愕然としました。

アンさんが手コキを再開しました。
もう何度も寸止めされてすっかり敏感になった僕のペニスはあっという間に射精しそうになりました。
しかしアンさんの手が徐々に止まっていきます。
「Kazuo君?イカセて欲しかったら分かるよね」
「ぐっぐううう~」
僕が我慢しているとペニスに何かニュルニュルとした液体がかけられてきました。
ネットリとした感触がアンさんの指越しに絡みついてきます。
「う、うおおお」
まだ射精していないのに声が出てしまいました。
「ほら、言って…お姉さんが気持ちよくしてあげるから」
もう我慢できません。僕はアンさんに囁かれたセリフを口にしていまいました。

「Kazuoはマ○コより手コキで射精するのが好きな無駄打ち野郎です、無駄打ち射精させて下さいぃぃぃぃ!!!」

アンさんがしごく速度を上げました。
そして。
「うううっ~~~」
僕のペニスからビュッと音が聞こえてくるんじゃないかと思うほどの大量の精子が飛び出ました。
100万ボルトの甘い電流がペニスを中心に下半身を駆け巡ります。
しかしまだそれだけではありません。
「え!?」
思わず驚きの声が出てきました。
射精は1回で終わらず。2度3度と今まで溜めてきた分を吐き出すかのように続きました。
そのたびに下半身をしびれるような快感が巡ってきます。
ピロンッと何か音がしたような気がしましたがそんな事はこの快楽に比べれば全く正体は気になりませんでした。
た。
それからアンさんとは時々暇を見つけては呑みにいくようになりました。
アンさんは酔っぱらうと
「ねえ、Kazuo君これ見て」
スマホを僕の目の前に出してきました。
スマホの画面には目隠しをされながら、舌がだらしなく垂れ下がり口からはよだれがダラダラと出した、いわゆるアへ顔になりながらあのセリフを言って射精している僕が写っていました。
「これめっちゃウケるわ」
アンさんは酔っぱらってゲラゲラ笑いながらスマホを見続けていました。

ハッピーメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)