男性恐怖症の私がタップルで10歳年上の彼と会うことを決めた理由

タップル体験談

普段は職場と家の往復ばかりで出会いがないけれど、人見知りで合コンや飲み会ではうまく話せない…
流行りのマッチングアプリを利用してみたけれどよくわからなかった…

そんな経験はありませんか?

今回は私の実際の経験を元に、マッチングアプリで実際に出会うまでの流れをお伝えします!

男性恐怖症でも彼氏が欲しい!タップルを始めた理由

私は中学生くらいのころから男性が苦手で、当時は彼氏いない歴=年齢でした。
ですが社会人になっていつまでもこれではダメだ!と思い、マッチングアプリの利用を決意しました。

いまや数多くのマッチングアプリがありますが、
上記の理由からいきなり恋愛色の強い出会いを探すことは抵抗があったので、

・飲み友達を探す延長線上でも大丈夫
・ユーザー数が多い
・ヤリ目的でない人を探したい

などの観点を考えた結果、最も適したアプリがタップルでした。

アプリ開始後、1週間で初デートの約束!

アプリをインストールしたら、まずはプロフィールの作成をします。
写真を複数枚設定し、少しでも興味のある趣味タグは全て参加すべきでしょう。
テンプレートや人気会員のプロフィールを参考にして少しずつ文章を書き足しているころには
いいねが届くようになってきました。

タップルはほかのマッチングアプリに比べると、かなり大量にいいねが届きます。
なぜなら検索で相手を表示させた時点でカードが1枚消費されるので、「イマイチ」を押すメリットがないからです。表示されたら全員に「いいかも!」をして、マッチングしたら相手を見て
メッセージのやり取りをするか否か決める、というスタンスの男性が大半、ということです。
なので、はっきり言って、女性側に「いいかも」をくれた男性全てのプロフィールを見る時間はありません。

当時の私の判断基準はまずメイン(もしくはサブ)の顔写真で

・髪型や服装に清潔感があるか
・趣味が合いそうか

を判断して、合いそうな人だけプロフィールを読む。
そして最終的にマッチングするかどうか決めていました。
snowを使っていたり上裸(筋骨隆々)だったりの方も男性恐怖症にはハードルが高いなと感じたのでスルーしていました(笑)

私が出会った男性は、メイン写真は鏡を使った自撮りで、和服を着た写真でした。
私自身、浴衣や和服が好きだったので興味を惹かれてマッチングしました。

マッチング後すぐに、いいかもをしてくれたことのお礼と和服が好きなのかと質問のメッセージを送りました。
そこから数時間後に来た返信には「先にメッセージをくれてありがとう。仕事が忙しくて頻度は遅くなるかもしれない」といった挨拶があり、自分からメッセージを送るつもりだったんだ!と相手からの好意を感じられてとても嬉しかったです。
前述のとおり、タップルではマッチングしてもメッセージが始まらないことが多々あるので、自分に対して積極性を見せてくれたことは非常に好感を持ちました。
その後は和服のことやお互いの仕事の内容について7~8往復ほどメッセージのやり取りをしたあたりで休日の話になり、ちょうど都合が合うので会ってみないか、との提案が!
質問ばかりでなく、男性自身の情報もしっかりと教えてくれていたため、少し緊張しましたが安心感を持って当日を迎えました。

初デートで5時間しゃべりっぱなし!

私の最寄り駅まで来てくれるというので、お店は私が気に入っている半個室で落ち着いた雰囲気の居酒屋を選びました。
席についてまずはアプリから実際に出会った経験が少ないのでちょっと緊張します、とか
お酒はどの程度飲むのか、など他愛ない話から始めます。
そこから徐々にメッセージで話していたことについて掘り下げていきました。
彼はかなり知識が豊富だったので、ちょっとした雑学クイズをしたり、合間に頼んだ食事を見て好みの味について話したり、が主な流れでした。
そこで食の好みや将来の展望、価値観がかなり合致していて、無理に話を合わせなくても話が盛り上がったので、あっという間に5時間が経過。
お互い翌日も仕事だったので、LINEの交換と次の休日が決まったら連絡すること約束して、その日は解散となりました。

男性恐怖症の私がタップルで10歳年上の彼と会うことを決めた理由 まとめ

マッチングアプリで出会うために大切なことは相手に安心感を与えること!

特別な能力や、芸能人のようなビジュアルは必要ありません。
写真やちょっとした一言を付け加えるだけで、ほかの男性と大きく差をつけることができます。
コツさえ身につければ、普段の生活ではありえないような特別な交流ができ、
あなたの人生も大きく変わっていきますよ☆

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)