ワクワクメールで出会った清楚な人妻との体験談

ワクワクメール 体験談

気付けばいつの間にか彼女と別れて1年が経っていた。
大して取柄もなくイケメンでもない僕には女性と仲良くなれるチャンスなんて滅多にないから、あの別れは痛かった。
普段は家と職場の往復だけだし、休日も周りに女性がいる環境でもなく全く出会いがない!
でもそろそろ彼女が欲しい。
そして久々にエッチがしたい!
これは本当に切実な願いだ。

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

ワクワクメールで出会った清楚な人妻との体験談

ワクワクメールがあるじゃないか!

そんな時友達が教えてくれたのがワクワクメール。
出会い系なんてやったことないし、怪しいイメージ。
それでも、仲の良い友達がすぐに女の子と出会えるしエッチまで持ち込める率も他の出会い系サイトより高いと言うので意を決して登録した。
最初はどうやればいいかもわからないし、ましてや女の子と出会って上手いこと誘い出せるイメージもなかった。
そもそも怪しいサイトじゃないよね・・?
でも、虎穴に入らずんば虎子を得ず!ここは友達に手取り足取りで教えてもらって、なるべく性交、いや成功への近道を突っ走ろうと教えを乞うことにした。

ワクワクメールではつぶやきを使い倒せ!

ワクワクメールで僕みたいな初心者にとって嬉しい機能の一つがつぶやきだ。
Twitterのような感覚で軽い気持ちでつぶやきを投稿している女の子が多くて、自分でも気軽につぶやけるのだ。
普通気になる女の子と仲良くなりたかったら、挨拶と自己紹介を書いたメールを送って返事を待つのがセオリーなんだけど、その場合メール1通につき5ポイント(50円)消費する。 なのでたくさんの女の子にメールを送れば出会える確率は上がるけど、ポイントの消費も半端ないのだ。
ところが、ワクワクメールのつぶやき機能では女の子にコメントを投稿してもポイントが減ることがない!
つぶやきでたくさんの女の子にリアクションを送ればポイントを使わなくても仲良くなれるってわけだ。
最初はとにかく色んな女の子にリアクションしまくってたんだけど、徐々にフィーリングが合う女の子が絞れてきて、そのうちの1人に思い切って初メールを送ってみた。

30代前半の人妻ユミ。

つぶやきやプロフィールで野球が好きそうだったので、ちょうど応援しているチームが勝った日に初アプローチ。

「今日はナイスゲームでしたね!僕もビールが進みそう!」

すぐに返事が来て、
「いつもつぶやきにコメントありがとうございます。今日は絶対勝って欲しかったからホントに嬉しい!」

どうやらユミは僕に好印象を持っていてくれたようだ。

これも定期的につぶやきにリアクションを続け、なおかつ決して下心は見せない、エロの要素を1ミリたりとも見せない会話を続けたおかげだ。

このやりとりに気を良くした僕は、一日一回のラリーを一週間ほど続けた。

「今家で晩酌中なんだけど、ユミさんはお酒好きなの?」とか、

「外回りで○○市まで来たついでにラーメン!」と昼食の写メを送ったり、

大事なのはとにかくヤリモクと思われない言動に徹する事。

女性は、特に出会い系なんていう場所では警戒心が強く、プロフィールに写真がなかったりするだけでも相手にしてくれない。
メッセージのやり取りに下心を感じたらその時点でアウト!もよくあることらしい。

清楚な人妻を誘い出すには

そろそろデートに連れ出したいと思った僕は勇気を振り絞って一歩踏み込んだメールを送った。
「もし迷惑じゃなければ、今週美味しいランチでも行こうよ!」

会うのはまだ早いとか言われたらどうしよう・・
遠回しに断られてもそれはそれでへこむな・・

そして、次の日待ちわびた返事が来た。

「木曜日なら朝から17時まで空いてるよ」

こ、これは・・畳みかけるしかない!

「じゃ海沿いをドライブして、海見ながらランチしよう」
「ドライブ嬉しい!そういうの久しぶりなんだ!」

やったー!ついに初デートまでこぎつけた。

そしてデート当日。
仕事の段取りを上手く調整して昼前にユミと待ち合わせの場所へ。

「おはよう。今日はよろしくね。」

松嶋菜々子似で清楚な感じのユミはいい香りを漂わせながら助手席に乗り込んできた。
柔らかい薄手の素材のワンピースがよく似合ってるし、服の上からでもわかる胸の大きさ!
僕のテンションはもうMAX!

それに気づかれないように必死で平静を装いながら、まずは海岸通りを1時間ほどドライブ。
そして前もって調べていた海が見えるカフェでランチ。席の正面の窓からは見渡す限りの海!
これにはユミも感激で、「こんなに楽しませてくれた人初めてだよ」って喜んでくれた。
どうやら結婚すると世の女性は旦那さんにあまり構ってもらえなくなるようで、ユミも色んな不満を抱えているようだ。
食事が終わって車の中で僕はこう言った。
「二人きりだし誰も聞いてないから、今日は愚痴や不満を全部吐き出していいよ。スッキリして帰りなよ。」
「ありがとう。」
彼女は言って徐々に話し始めた。

エロトークがレスの人妻に火を点ける

結婚してから旦那さんはデートに連れて行ってくれることもなくなり、そのうちセックスレスにもなりもう1年以上もセックスしてないってことだった。
「噓でしょ!?こんなにエロい体なのに!」
ずいぶん長いこと今日は話をしていたこともあり、僕は調子に乗ってジャブを打ってみた。

「えー、朝からどこ見てたの(笑)?もーっ、もしかしてそんな目で見てないよね!?」

咎めるようなセリフだったけど目は笑ってて楽しそうだった。
この手の話題もイケる手応えを感じた僕は、あまり重くならないように唐突に切り出した。
「ユミさん、ホテル入るよ。」
海沿いの街から都市部へ向かう途中2~3軒ホテルが並んでる場所があって、上手くいけばお世話になるかもと淡い期待を抱きつつ下調べをしておいたのが役立った。
部屋に入るなり、僕は彼女に抱きついてキスをした。

ホテルまで来たのはいいが、もし急に気が変わったなんて言い出されたら・・
そうなる前に何とかキスだけでも。正直僕は焦っていた。
が、どうやら僕の取り越し苦労だったみたいだ。
1年以上熟れたアソコを放ったらかしにされた人妻は、溜まったマグマが噴き出したみたいにものすごい勢いで舌をからめてきた。
このまま押されっぱなしでは男がすたる。僕は彼女の勢いを押し返すように、でもゆっくりと丁寧に下からおっぱいを持ち上げながらもみもみした。
Eカップの程よい重さを充分に堪能しながら同時に乳首もコリコリと攻めると、立っていられなくなった彼女はフラフラとベッドに尻もちをつく。僕はそのまま覆いかぶさって興奮に任せてワンピースを下からまくり上げ、ブラジャーをずらしておっぱいにむしゃぶりついた。
ユミはさっきまでの清楚なイメージからは程遠い動物のような低いうめき声をあげて感じていた。
AVの演技がかった喘ぎ声と違って性欲を溜めに溜めまくったエロい素人のリアルな姿に、僕のチ○コは早くも先っぽからぬるぬるとした透明な汁をこぼしていた。
今すぐにでも彼女の中をかきまわしてやりたい気持ちを抑えて、次はパンティをはぎ取ってアソコに吸い付いた。彼女の声が一段と大きくなる。

アソコの入り口にあふれ出しているトロトロの汁を舌で円を描きながらかき集めて、その汁をクリトリスに塗り付けながら舌先で転がし続けた。
さすがに1年以上もセックスしてないユミには刺激が強すぎたのか、1分も経たないのにビクンビクンと大きく身体が波打って「ウッ、イイーッ!」とあっけないほどすぐにイッた。
「イクって言わないとダメだよ」その言葉も耳に入ってるのかどうか、ユミは荒い息遣いで目を閉じたままだ。
もっといじめてあげたいけど、実は僕のチンコも素人の演技なしの生々しい反応に我慢の限界だった。
ユミの股間から顔を離してすぐさまチンコを挿入するとヌプッと音を立てて一気に奥まで入ってしまった。
大量のエロ汁のおかげでチンコの滑りが良すぎて、腰が勝手に高速ピストンしてしまう。
このままじゃ彼女を気持ちよくさせる前に暴発しそうだ!下腹部から熱いものが込み上がってきて、生で入れてた事を思い出した僕は慌ててチンコを引き抜いた。
次の瞬間、僕は本当に音が聞こえるんじゃないかってくらいにドピューッ!と白い液を発射した。
チ○コと腹筋が連動してビクッビクッが止まらない。おっぱいの辺りまで飛んできた白い液と小鹿のような僕を交互に見つめながらユミは微笑んでいた。

出会い体験談 まとめ

もっと早く始めておけば・・

それから月に2~3日は都合をつけて僕らはデートを楽しんでいる。
ユミは家庭を壊すつもりはないようだし、最初は彼女が欲しかった僕もこんなにエロいセフレができたんだからしばらくはこの関係を楽しもうと思っている。
こんなことならもっと早くワクワクメールを始めとけば良かった!
そう思いながら今日もつぶやきにコメントを返している。
次はどんなエロ素人と出会えるんだろうか・・?

ワクワクメール公式(R-18)
\まずは無料で登録❣️/

安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)
安心の出会いを❣️
ワクワクメール公式(R-18)